世界最古のベジタリアンレストラン HILTL(ヒルトル)

f0141507_06262759.jpg

f0141507_06263857.jpg

今日は夕方から子どもたちと一緒にチューリッヒへ行って、週末の「スイス関西人会新年会」会場の鍵をもらってきました。
そのあと、仕事帰りの夫とチューリッヒ駅で待ち合わせして、駅のShilpostの出口を出てすぐのベジタリアンレストラン HILTL (ヒルトル)で夕食を食べて来ました。
(やだ~、最初の写真、私が写真撮ってたら、ゆーくんがわざとジャンプして手入れてる!)

この駅からすぐのジールポスト・ヒルトルは新しいですけど、本店はチューリッヒの街中にあって、1898年創業の世界最古のベジタリアンレストランです。
創業者ヒルトル氏のひ孫で4代目のロルフ・ヒルトル氏が創業100周年であった1998年に事業を継いでからは、インターネットやメディアを上手に使って、本を出したり、料理教室をやったり、こんな駅前に支店を出したり、ベジタリアンや健康志向人口の増加も追い風になって、業績は大変好調のようです。
スイス インターナショナル(旧スイス航空)の機内食のベジタリアンメニューは、エコノミーからファーストまで全て HILTLがプロデュースしているので、ベジタリアンミールをリクエストしておいて機内で食べてみるのもいいかもしれませんね。ハズレないと思います。

f0141507_06302339.jpg

f0141507_06303207.jpg

f0141507_06305013.jpg


駅から近いし、何より美味しいし、ビュッフェなので子どもたちが待たずに食べられる量だけ選んで食べられて丁度良いなと思っていたので、今夜は家族で来る願いが叶ってよかったです。

子どもたちは最初はベジタリアンレストランと聞いて、ブーイングだったのですけど、入って、お料理やサラダだけで50種類は少なくともあるであろうビュッフェを見て、デザートビュッフェもあるし、見て選んで自分でお皿によそえると分かるととっても喜んでいました。お皿に好きなものをいろいろ乗せたらレジへ持って行って秤にのせてお値段が出ます。100g 4.50フラン(500円ぐらい)するので、調子に乗っていろいろ乗せると結構高くなると思いますよ。この私の選んだお料理でさえ、414gで18.63フラン(2000円ぐらい)してますから。

それから、ビュッフェ用のお皿が積んである横あたりに置いてあるプチパンはお一人様1個無料サービスだそうですよ。

飲み物はレジで注文してもいいし、見て選びたければ、テイクアウト用のドリンクの冷蔵棚があるので、そこから選んで持ってレジに持って行ってもいいです。それに、水道水(Hahnenwasser ハーネンヴァッサー)でよければ、おしゃれなセルフサービススポットが店内にありました。

f0141507_06405414.jpg

11月、日本人の友達たちでここで集まった時はちょうど金曜日の夜だったので、DJの人が来ていて、懐かしい80年代の曲を流していたりしてとっても雰囲気が良くて、23時から席をとっぱらってクラブみたいな雰囲気にすると言ってたので、今度夫と来ようと思っていましたが、週の真ん中の今夜は全然そんな感じじゃなくて、「ザ・平日の夜!」という感じだったので、ウェブサイトでイベントチェックして来なきゃいけませんね。

さて、今夜から明日までずっと雪が降るようです。
明日の朝は積もってそうですけど、除雪車が通る直前の早朝通勤時間を狙って新雪の上をゆっくり走るか、除雪車の直後を狙って出勤かまだ決めかねる。。。
みんなが通勤する時間にかぶると、絶対明日はいろんな事故があって混みそうです。

‥‥…………………………………………‥‥・・・
コメントには私からのレスは付きません。
コメント欄の決まりごとについては、こちらをご覧ください。
‥‥…………………………………………‥‥・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by deutschebaeckerin | 2019-01-10 06:56 | スイスの生活 | Comments(0)