人気ブログランキング |

絶対失敗しないリンゴタルト

f0141507_23151142.jpg

混ぜるだけの簡単なスイス風リンゴケーキの作り方です。めちゃくちゃ簡単で、絶対失敗しません。
この記事は「スイスのタルト(ヴェーエン)と薪釜の関係」の後編です。

スイスのタルト(ヴェーエン)生地をクーヘンタイクと呼びます。ドイツから来た、特にベーキングに詳しい私みたいな人は、いろんなスイスの名称にすごく最初は戸惑うと思います。クーヘンっていうと、ビスキュイみたいな膨らんだものをパッと想像してしまうので、それにパン生地を想像してしまうタイクって単語がくっついてて、「え?何ですか?それ?」みたいな。。。長く居ると慣れてくるんですけどね。

さて、このスイス風のタルト生地ですが、練りこみパイ生地みたいにバターを小さく切ってよく冷やしておいて、粉と塩を混ぜたものの中に加えてスケッパー等で細かいそぼろ状になるように混ぜ合わせたら、水を加えて捏ねてまとめて30分以上寝かせます。(冷蔵庫で一晩でも二晩でもいいです。ここまで作って冷凍してしまってもいいです。面倒な方はスーパーでクーヘンタイクを買ってください。代わりにパイ生地を使ってもいいです。)

クーヘンタイク
Ø30cm Ø26cm
小麦粉(Weissmehl, Typ 405) 250g 190g
バター 125g 90g
4g 3g
65g 50g
f0141507_23133373.jpg

生地を寝かせてる間にフィリングを作ります。リンゴは皮ごと粗い下ろし金で下ろします。リンゴは絶対にゴールデンデリシャス(こちらではGolden)を使ってください。他の種類のリンゴで作ると、出来上がった時に皮が口の中で硬く当たって全然美味しくありません。下ろし金はスイスのハッシュドポテトである、レシュティ用の穴の大きさがちょうど良いです。大きな穴の下ろし金がなければ、包丁で刻むしかないでしょうねぇ。リンゴが下ろせたら、残りの材料と一緒に混ぜるだけです。

フィリング
Ø30cm Ø26cm
リンゴ(ゴールデンデリシャス) 1150g 860g
砂糖 150g 110g
ヘーゼルナッツ プードル 60g 45g
生クリーム 200g 150g
コーンスターチ 50g 38g
シナモン 2.5g 2g
f0141507_23134471.jpg

f0141507_23135467.jpg

f0141507_23201533.jpg

タルト型にクーヘンタイクを伸ばしてのせて、フォークで穴をあけたらフィリングを流し込み、180度で45-50分焼いたら出来上がりです!すごく簡単で美味しいので、騙されたと思って作ってみてください。冷えたのをそのまま食べても美味しいですが、温めて、バニラアイスを添えていただくと絶品です。

‥‥…………………………………………‥‥・・・
コメントには私からのレスは付きません。
コメント欄の決まりごとについては、こちらをご覧ください。
‥‥…………………………………………‥‥・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by deutschebaeckerin | 2018-11-09 23:28 | お菓子 | Comments(0)