ガソリンスタンドのパン

f0141507_22355022.jpg

先日、工房近くのガソリンスタンドで給油していたら、「今月のパン、ライ麦サワー種パン」と看板が立っていました。
スイスでライ麦のサワー種のパンなんて売っていること自体珍しいですし、あったとしても、だいたいが型に入れないタイプの「ヴァリス風ライ麦サワー種パン」という、元ドイツ在住者には、いまいち受け入れられないパンである場合が多いです。

それが、写真のパンもなかなか、「これぞライ麦サワー種パン」という感じ美味しそうですし、ガソリン代を払うついでに買ってみました。

ガソリンスタンドで売られているパンですし、きっとどこかのパン屋が焼いたというより、パーベイクのパンでしょうけど香りもなかなか。サワー種の粉末じゃなくてちゃんとサワー種使ってるんじゃないかな?パーベイクのパンというのは、工場などで途中まで(80%ぐらい)焼いて冷凍保存してあるパンで、スーパーマーケット、ガソリンスタンドやカフェテリア、レストランなどの多機能オーブンの自動プログラムで仕上げの焼成をしてもらうように作られているものです。

f0141507_22360259.jpg

翌日、切ってみたら、おぉ、これはなかなか美味しい!ライ麦粒がちょっと入ってプチプチした感じもあって、すごく懐かしい味。
袋をよく見てみたけれど、商品についての詳細もなーんにも記載されていないので、ガソリンスタンドのウェブサイトに行ってみたところ、ドイツに支店の沢山あるガソリンスタンドチェーンだとわかり、なーるほど。きっとドイツで作って冷凍パーベイクパンとして持ってきてるんだろうなーと思いつつ、スイス本社に問い合わせメールを書いてみました。「とっても美味しい!スイスでは長い間こんなパン食べたことなかったです。包装紙に何も書いてないのですが、これはどこかのパン屋が焼いてるのですか?それともパーベイクでお店で焼き上げているのですか?ライ麦100%ですか?」と。

そしたら、丁寧なお返事がきました。
思ったとおりというか、ドイツの工場で作ったパーベイクのパンだそうです。ちょっと小麦も入っているけれど、ライ麦がほとんどのフォルコーンのライ麦サワー種パン。スイスのこのガソリンスタンドのパンのディストリビューションは、JOWA(ミグロのパン工場)がやっているみたい。メールにパンの成分詳細を付けて送ってくださったのですが、そのヘッダーにJOWAの字が見えます。
今月末までOIL!というガソリンスタンドで販売しているそうです。スイスに暮らすドイツ人の家族を持つ方、元ドイツ在住者、おすすめです。

OIL! Tankstellen というガソリンスタンドチェーンです(スイスには5店舗しかないみたい)。



‥‥…………………………………………‥‥・・・
コメントには私からのレスは付きません。
コメント欄の決まりごとについては、こちらをご覧ください。
‥‥…………………………………………‥‥・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

# by deutschebaeckerin | 2019-01-22 22:39 | パン | Comments(0)