私のマイスターコース時代のお話

皆様、あけましておめでとうございます。

今日は10年ぶりぐらいに、私のパン職人時代のお話の続きをご披露いたします。
本家「みちえのパン工房」の続きのお話です。
これらは4年前に専門誌B&Cに掲載したものです。

まずは序章ということで、ざっくり全体のお話をしておきます。
後日、試験の細部について詳しく書きますね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2006年1月、私はドイツのヴァインハイム製パン学校のマイスター試験準備コースに通い始めました。半年間、スイスにいる夫とは別居です。

ちなみに、ドイツ各州のパン組合の学校でマイスター準備コースを受講することができます。私はベルリンのゲゼレ試験でトップだったため、もし、ベルリンでマイスターコースを受講するなら奨学金をもらえるという賞品がありましたが、当時のベルリンのマイスターコースは仕事をしながら夜間や週末に受講するという1年以上かかるものだけでしたので、さすがに夫と別居するには長すぎると思い案は却下。義父母宅から車で1時間のヴァインハイムに決めました。ここは宿泊施設が併設されていて、朝から晩までドイツ語で勉強勉強勉強・・・その代わり、5ヶ月間で試験まで済んでしまいます。

ところで、朝から晩まで勉強という環境ですが、自分の好きなパンに関する理論や実技だけなら、それでもまだなんとかなりそうなものですが、マイスターというのは、お店を持つ資格を得ること、すなわち、経営のこともわかっていなければいけませんから、簿記の勉強あり、税金や従業員の社会保険や休暇について、はたまた若い弟子を教える立場になれるということですから、教育論もあります。学校の立地も市街から少し離れた閑静な自然の中・・・勉強するにはもってこいなのでしょうけど、同じ場所で朝から晩まで勉強ばかりしていると、だんだん嫌になってきましたね。

併設の宿泊施設は一般に開放されたホテルでもありましたし、職人向けセミナーに参加する人たちが泊まったりもするので、ホテルの朝食用パン作りは私たち生徒の仕事でした。割り当てられた日の前夜はサワー種などの仕込みをし、当日は朝4時から工房でパン作りです。実技の授業とは違って自分の裁量でパンが焼けますし、息抜きになってとても楽しかったです。もちろん、作ったパンはその日の授業の最初に、みんなの前で先生から批評を受けるというのが日課になっていました。パン作り担当の日は一日が長いこともあり、午後の簿記や教育論の時間はまさに睡魔との闘いでした。

当時は、仕事をしながらゆっくり勉強できるベルリンのようなパートタイムのコースの方が合ってたのではないか、と思ったこともありましたが、仕事をしながらシュトゥトガルトでマイスター試験に通った友人によると、ただでさえハードなパン職人という仕事の他に勉強までしなければいけないし、一年以上かかるとモチベーションの維持がだんだん難しくなってくる、と話していて、一長一短だなぁと思いました。

さて、2006年のマイスターコースの生徒は26人、半分以上が実家がパン屋だという跡継ぎ君たち。途中で一人脱落してしまいましたが、日本人は私を含めて3人いました。これは本当にたまたまであって、日本人はベッカライ・ビオブロートの松崎さんが私たちの数年前にご卒業されただけだと、先生がお話されていました。

マイスターコース初日は、自己紹介や先生の紹介があった後、筆記テストがありました。このテストの目的は、受講者の技術レベルのチェック。テスト内容は ゲゼレ試験と同じような感じだったので、事前にスイスでぱらぱらと昔のノートを見ていた私は、80点台は取れました。しかし、スイスのパン屋にいた私は、サワー種の熟成段階の計算方法とか ドイツらしいパンの発酵時間や分割重量などがあやふやになっていました。先生も、「マイスターコースは、日々の仕事で理論などの勉強から少し遠ざかっていた職人達にとって すごく良い機会。弟子時代とは違って実務での経験があるから、理解が深くなる。」と言っていたとおり、自分の弱点に最初に目を向けることができてよかったです。

私たちがコースに通った2006年からマイスター試験の受験資格が大幅に緩和されて、「職人として働いた経験が最低3年あること」という項目がなくなりました。結果として、数ヶ月前に職人試験に受かったばかりの経験の少なすぎる生徒が、マイスターコースに数人いて、彼らがなかなか勉強や実技についてこれないので、先生も困っていました。実際、一人は途中脱落、一人は試験に落ち、もう一人はきっと受かったのでしょうけど、卒業パーティーなどにはまったく顔を出しませんでした。

さて、製パンに関する勉強内容ですが、理論も実技もさすがに職人試験よりも高度で、「粉」だけでなく「卵」「牛乳」といった材料一つ一つについて、そして何よりサワー種について本当に詳しく長く勉強しました。おかげで、試行錯誤してレシピを作るのではなく、理論から導いてレシピを組み立てていけるようになりました。今でも全てが頭に入っているとは言えませんが、教科書やノートのどこを開けばヒントが載っているかは分かります。

f0141507_63276.jpgマイスター試験は2日半かかって、サワー種を使ったパン、雑穀パン、小型パン、デニッシュ、パイ製品、デコレーションケーキ、デザートになるようなケーキやプチフルール、その他に当日試験官からお願いされたパンやお菓子を2品、作るものは全てかなり大量です。そして、最後は作ったものを全てホールに運び込み、自分用に用意されたスペースに一時間でショーウィンドーを飾りつけます。皆、マイスター試験なんて一生に一度で初めてですし、普通、工房ではチームワークのところを、一人で計量から焼成、はたまた飾り付けまでしなければいけないのと、同じ日に試験を受ける9名で3台のデッキオーブンを共同で使うので、作る順番や時間をうまく話し合っておかないとオーブンの温度設定などで喧嘩になってしまいます。そんなわけで、思っていたより綿密に試験当日のスケジュールを決めておかないといけません。

それでも、なんとか時間に間にあって、みんなの作品が並びました。製パン、簿記、教育論、経営の筆記試験もそれぞれ半日から一日がかり、プレゼンテーションや試験前に提出する書類もなかなかハードでした。5ヶ月間ずっと試験のプレッシャーがあってよく勉強したので、試験が終わった時はやっと開放されて周りが見えるようになった感じでした。コースが始まった時は真冬だったのに、気づいたら木々の緑と太陽のまぶしい夏になっていました。 ゲゼレ試験の時も、その時なりに大変でしたが、やっぱりマイスター試験は外国人だとなかなかしんどいですね。
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2017-01-04 06:03 | パン | Comments(2)

どんぐり倶楽部ってなんですか?

f0141507_16271926.jpg
どんぐり倶楽部は、私はスイスで子どもの日本語学習のツールとして使っていますが、もともとは、日本語学習のためのものではなくて、日本の年長さん~6年生までの学習プログラムです。

「教育は裕福な人の特権であってはならない」という理念のもと、お金もかかりませんし、親子の負担もすごく少ないのに、とっても効果的です。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
よくいただくご質問
【どんぐり倶楽部ってなんですか?】
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

糸山泰造先生が1985年から運営している、「過程を楽しみ、価値のあるものにする術をマスターする」理論をベースに子育てと教育をする方法。

「人生は過程そのものである、人生は結果ではない。
結果を重視しすぎて過程の楽しみ方を知らないと、人生を楽しめない。
どんぐり倶楽部では、人生を楽しみ、価値のあるものにする術をマスターする。」

独自に開発された算数文章問題を、絵図を描いて答えを導き出す方法が特徴。

「読める」とは発音できること
「分かる」とは発音からイメージしたものを見ることができるということ
「考える」とはイメージしたものを頭の中で移動変形させることができるということ

文章問題を読んで、それを絵図にすることにより、読解力と思考力、そしてじっくり物事に取り組む忍耐力、考え続ける力が養成される。計算問題や漢字書き取りを(考えずに)繰り返したり、量をこなして国語力を養成しようとする「多読・音読」と対極にある。

また、どんぐり倶楽部は、子どもの習性にも深く寄り添うため、日常生活の過ごし方にも多く言及する。上記に記したイメージを頭の中に作り出すためには、多くの実体験が必要なため、自然の中での自主的な外遊び、自然な時の流れを感じ、味わいながら生活することを推奨する。子育ては「慌てず騒がず穏やかに」教育は「ゆっくり・ジックリ・丁寧に」をモットーとしている。

どんぐり倶楽部の目指す「絶対基礎学力」とは<感味力>と<視考力>である。

どんぐり倶楽部は、家庭学習を推奨しているが、その理論や文章問題をベースに教育する教室は日本全国に限らず世界中にある。「教育は裕福な人の特権であってはならない」という理念より、フランチャイズ料は無く、教材は一度購入したら、教室で何度でもコピーして使って良いことになっているため大変経済的でお金がかからない。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
スイスどんぐり倶楽部でも、通学や待ち時間などの親子の負担がない「家庭学習」を推奨しているが、それだと、なし崩し的に続かないかもしれない不安のある方の拠り所となることを目的として運営されている。教室のレンタル料(月50フランを教室開催回数(週1回)で割り、さらに出席した生徒の数で割った金額)とコピー代等実費のみを負担いただく、「無理なく、無駄なく、効率的、経済的に、楽しみながら」日本語学習をすることをモットーとしている。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

糸山泰造(いとやま たいぞう)
1959年、佐賀県生まれ。明治大学商学部卒。コンピュータプログラマー、システムエンジニア、バーテンダー、シナリオライターなどさまざまな職業を経験しつつ、進学塾講師および塾講師の指導に携わる。85年より「どんぐり倶楽部」運営。オリジナルテキストや教材の開発から添削や保護者の教育相談まで、教育を子育ての一部という信念のもとに指導にあたる。著書に『絶対学力』『新・絶対学力』(文藝春秋)、『子育てと教育の大原則』(エクスナレッジ)、『絵で解く算数』(朝日新聞社)など。
reonreon.com
出典:どんぐり倶楽部 糸山泰造さんインタビュー その1 くらすこと
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2017-01-02 16:30 | Comments(2)

【追悼】ジョージ・マイケル

f0141507_19431876.jpg昨夜、ドイツの義父母宅から戻りました。
前回のクリスマスの記事を書いたあとに、ジョージが亡くなったという速報を読み、信じられないままドイツへ出発。道中、ラジオで流れる曲はジョージ・マイケルの曲ばかり。80年代に10代を過ごした人なら好き嫌いに関わらず、また洋楽に当時興味がなかったとしても、ワム!の曲を耳にしたことのなかった人はいないでしょう。

私は洋楽を聴き始めたとっかかりは、マドンナ来日コンサート(1987年)。
洋楽なんて、「オレたちひょうきん族」で太平シローのゴンドラに揺られるマドンナぐらいしか知らなかった私でも、日本中が大騒ぎだったので、本物がどんななのかとっても知りたい!と興味津々。

その後、夏の夜のゴールデンタイムに放送された、マドンナ来日コンサートを、そうめんを食べながら家族で見た時の衝撃といったら!!(あまりにも印象深いので、その夜のことはそうめん以外にもよーく覚えてて、開けた窓から見えた空の色とかめっちゃ頭に映像として残ってる)
これが、本物のマドンナ!(ほら、ひょうきんベストテンの太平シローしか知らないから)
世界の歌手っつーのは、こんなにすごいのか~!!
とびっくりしたものでした。歌って踊るといえば、ピンクレディー。でも、ピンクレディーを一緒に踊っていた頃の私は微妙にまだ幼くて(幼稚園以下)、写真はあるけど、あまり覚えていない。

そこからお小遣いでマドンナのカセットを買いあさったのです。それで、当時日曜夜にラジオ放送のあった、American Top 40を毎週聞くようになって、そこで、ジョージのFaithと出会い、そこから、遡ってワム!のレコードまで買って聞き込んでしまったのでした。この辺から英語の成績がどんどんアップ。やっぱり興味ないと勉強ってしないよね。

そして、冬にはジョージマイケルの来日コンサート。中学生だったので、子供だけでは駄目だという父が大阪城ホールに一緒についてきてくれました。

そんなこんなで、私は中学高校とマドンナとジョージマイケルのCDは発売されれば必ず購入。マドンナはエロティカのあたりでちょっと路線変更があり、私は好きになれなかったので、離れた時期もありました。でも、ジョージ・マイケルは近年はお騒がせニュースの方が目立ってて、ファンとしては、そっちよりも才能に目が向けられないことを残念だとは思いつつも、曲も声もすごく好きだったので、今まで全部のCDを持っています。スイスに越してきてからも、一度チューリッヒでコンサートに足を運びました。

いろいろあって大丈夫かな?っていう心配のある人でしたが、こんなに突然亡くなるとは思わなかったのでショックです。

今日は、ベスト版Twenty FiveのDVDを朝からかけて追悼中。悲しいな~。

DVD2枚目、ホイットニー・ヒューストンとのデュエットがかかって愕然。
もう二人ともこの世にいないんだ・・・二人ともすごく歌上手だよね。
Whitney Houston, George Michael - If I Told You That
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2016-12-29 19:46 | はまりもの | Comments(0)

クリスマス2016

f0141507_6382651.jpg子どもたちが大興奮のクリスマスもほぼ終了です。
幼稚園や学校で、親へのプレゼントをせっせと作ってはもって帰ってきていました。
娘からは、写真立て、クッキー、灯籠
息子からは、ハーブティー、ツリーの飾り、ラベンダー芳香剤、灯籠でした。
ツリーの下に今年も沢山のプレゼントを並べました。
子どもたちがもらったものも、量も嵩もいっぱい。
35年前の日本で子ども時代を過ごしてた私のそれとは全然ちがいまーす。
なので、毎年、この子たち、これでいいんかいな?ってちょっと思っちゃいます。
あ、でも、ゲームとかDVDとかそういうメディア系は一切あげないですよ。

プレゼントのひとつは、夫が何度も公共の作業所に足を運んで手作りした、ぷらレールとつなげられる木製のタワーブリッジ(ロンドン)。娘の友達のお父さんもクリスマス前にその作業所でせっせと庭に置く小屋を作成していたとか。もちろん、娘ちゃんが遊ぶためのですよ。

クリスマスの食事のメインはオッソブーコにしました。
キッチンエイドで野菜を切ったりするのは子どもたちにお願いしました。
他にも、クッキーを作ったり、サラダに飾るパプリカを星のクッキー型で抜いたり、彼らもいろいろ使えるようになってきました。


f0141507_6525880.jpgf0141507_6531288.jpg
朝食用にツォップフを焼くことになり、ちょっと普段と違うの編みたいね~と子どもたちと本を開いて、やってみました。10本編みの星型ツォップフ!天板に乗せたらぎりぎりで、出来上がりはちょっと曲がってしまいました!

明日からドイツで義父母たちと引き続きクリスマスをお祝いします!いってきます!
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2016-12-26 06:55 | スイスの生活 | Comments(0)

今年のシュトレン

12月21日の夜、やっと今年のシュトレンを焼きました!
一時期、シュトレンの作り方を教えていたことがあるので、その時のレシピと作り方を出してきてその通りやれば、何も考えなくても、間違いなくできる!
頭も体も疲れている時に、こういう準備があると本当に楽です。
一度作っておいて良かった~。
f0141507_1261177.jpg

同じように、コナ・キュッヘ(会社)のいろいろなこと、レシピだけじゃなく文章として表現しておくと、ブランクが空いた場合や誰かに教える時のストレスがすごく軽減されそう。

今日はチューリッヒのクリスマス市に今シーズン最後の配達をしたついでに、工房に寄って、大家さん一家にも一年のお礼としてプレゼントを渡してきました。

チューリッヒでも2件プレゼントをお渡しして、今年の営業終了!
チューリッヒ市内をあちこち車でまわるのは、ストレスフルなので、駐車しやすいところにおいてあとはトラムであっち行きこっち行き。


みちえって運転ちょ~苦手だったよね?って気づいてる、あなた!
はっはっは!
あんなに運転を怖がっていた私、いまだに新しいところは不安いっぱいですが、自分の会社となると、怖い!なんて言っていてはしょうがないですからね。

今ではチューリッヒにも、ダボスにも、バーゼルにもベルンにも、はたまたゴッタルド・トンネル通ってイタリア語圏までも、一人で行っちゃえるようになったんですよ~。
でも、やっぱりトラムががんがん走ってるチューリッヒが一番怖い・・・・。
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2016-12-23 01:29 | お菓子 | Comments(5)