旅先でも楽しく漢字読本

f0141507_63775.jpg
スキー休暇2週目はイタリアのドロミテにスキーに行っていました。
パパの指導で子供たちも私も上達しました。

さて、めいいっぱいスキーをしながらも、どんぐりママは他のどんぐりママと連携しながら、漢字読本の続きを子供たちと考えるきっかけを探していました。食事を待つ間とか細切れで考えた話の続きは、こうです。何ヶ月も(何年も?)かけて小学校で習う漢字を沢山使って物語りを完成させたいと考えています。

とにかく今は楽しみながらお話を考えるのが目的で、子供たちが想像を広げてどんどんお話してくれることを、文章にまとめるのはママのお仕事です。できた部分は大きなフォントでプリントアウトして、読み聞かせ、文字を見せながら読み聞かせ、そのうち、読み合わせ、最終的にはページごとにマッチングする漢字を選択肢の中から探す、というゲームもしたいと考えています。

ここまでだけでも、出てきた漢字は80文字以上、同じ文字でも読み方の違うものも何個も登場しますよ。

とにかく、自分たちで考えたお話に出てくる漢字をたくさん目にすることが、今の目標です。



 「山の上に森があります。その森の中へ行ってみたら、ライオンの子どもが肉を食べていました。そのライオンの子どもの耳の色は緑色でした。ぼくはびっくりして木に登ったので、体がポカポカしました。下を見ると、ライオンの子どもが骨を土に埋めました。」

「そのライオンの子が「ママ」と言うのが聞こえてきました。言葉が話せるライオンなんだろうか?きっと人間の子供が、魔法でライオンにされたに違いない。」

「ライオンの子供に姿を変えられてしまった子は、女の子で、お母さんに頼まれて、お母さんが買物に行ってる間に森にキノコを採りに来ていたのでした。お母さんは、キノコをイタリアの前菜風に、シンプルにグリルしてオリーブオイルと粗挽き岩塩で仕上げたいと思っていました。

森の中でキノコを探していると、どこからともなく香ばしいにおいと、お醤油の焦げた良い香りがしてきました。香りに釣られて歩いて行くと、お煎餅でできたお家がありました。海苔の巻いてある煎餅、海老煎餅、カレー味のお煎餅、色とりどり、丸や四角やいろんな形のお煎餅で出来たお家です。つい見とれていると、日光江戸村のお煎餅焼きのように、七輪でお煎餅を焼いていた魔女のお婆さんに見つかってしまいました。

『見たな~!このお煎餅の家のことを誰にも言わないようにしてやる!お前の髪型はライオンみたいだから、魔法でライオンに変えてやるぞ~!ちちんぷいぷーい!』
と魔法をかけようとしたのですが、どうもうまくいきません。

『おや?おかしいな。』困ったお婆さんは、やり方を変えることにしました。

『驚かせてごめんねぇ。美味しいお煎餅をあげよう。そこにある、赤と白の模様のきれいなお煎餅を食べてごらん。』
女の子はその美味しいお煎餅を食べました。でも、このお煎餅は毒煎餅で、食べると変身してしまうのです。女の子はライオンの子供になってしまいました。」
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2017-02-19 06:38 | 日本語学習 | Comments(0)

「工夫をするたびに賢くなる」

どんぐり公式ホームページはジャングルのように読み難いのですが、今だけ「まずはどんぐり問題の入門書と基本理論に目を通して下さい」ということで、
入門書「最初に選びたい学習方法」
基本理論「思考の臨界期・縮刷版」
が、公式サイト真ん中よりダウンロードできることになっています。
(青い字でFACE BOOK と書いてあるところの下です)
http://reonreon.com/

私もさっそくダウンロード。「最初に選びたい学習方法、上」の25ページに良いこと書いてありますので、引用いたします。また、思考回路について、
言葉のむこう
というブログからの引用も追記します。

「どんぐり問題は答えを出すための問題ではなく、思考回路をつくるための問題です。思考回路というのは子供自身が何かを工夫した時に生まれます。今の大人が子供だった頃は、生活と遊びの中で工夫をする機会がたくさんありました。

つまり、日常生活の中でさまざまな思考回路をつくることができていたのです。しかし、今はご飯を炊くことも、お風呂を沸かすことも、遊ぶことさえもボタンひとつの操作で済んでしまいます。日常生活の中で工夫をする余地はほとんど残されていないといってもいいでしょう。

学校教育の中身は昔も今も変わっていませんが、思考回路をつくる環境がない今の子供達に、昔はさほど悪影響を及ぼしてはいなかったパターン学習・高速学習・反復学習に代表される作業学習が、回復できないほどの悪影響を及ぼしています。その結果、「考えられない子供達」を大量に生み出しているのです。「自分たちの時代にも繰り返しプリントをした」「徹底反復が基本だ」「読み書き計算が基礎だ」は、もう通じないのです。日常生活を含めて、これだけ教育環境が悪化している(自然には思考回路が育つチャンスがない)現代では、綿密な思考力養成の理論と手法が必要なのです。」

言葉のむこう、頭の中の回路より

「どんぐり倶楽部の理論には「思考回路」という言葉が頻出します。そして、単純作業的な勉強(大量の単純計算、漢字練習など)の害を強く警告しています。脳がダイナミックに発達している途上の子供が、単純作業を大量にやると、その作業をするために使う脳内回路がいびつに強化され、他の回路の発達・形成が阻害されるというのが、その理由です。どんぐり倶楽部の糸山先生が、子供の頭の中を直接見たはずはないので、たくさんの子供の様子を観察して気づき、その問題意識を持って脳科学研究の成果を調べたら、先生の気づきを証拠づけるものがあり、どんぐり理論が体系化されていったのだろうと推測しています。

私は今まで、思考回路は初めはとても少なくて、外からの様々な刺激で形成されてくる、何もないところに、道のような回路がウニョウニョと伸びていく、そんなイメージを持っていました。けれども、利根川進先生の「私の脳科学講義」(岩波新書)を文章を読んで、もしかすると初めから非常に細くて弱い回路はたくさんあって、それが環境によって、強化されたり、消えてしまったりするのかなという気がしました。

 赤ちゃんは、じつは人間の言語で使われている七〇~八〇個の微妙な母音の音のちがいを、すべて区別することができる能力をもって生まれてくるのです。しかしながら、赤ちゃんが育つ過程において、親を含めたまわりの人々が、いわゆる母国語で話して、これが赤ちゃんの脳へ入っていきます。そうすると、脳でどんなことがおこるのでしょうか。赤ちゃんの脳は、その母国語に使われている母音に反応する回路が、ひじょうに強化されていきます。それはとうぜん、七〇~八〇ある母音のほんの一部で、たとえば日本語でいうと、こまかく方言などを入れたとしても、せいぜい一〇個ぐらいの母音しかないわけです。そういうなかで育っていと、本来もっていたそのほかの母音に反応する脳の回路は、徐々に退化していきます。そしてある年齢になると、母国語の母音にはひじょうによく反応し、区別できるけれども、それ以外の外国語の母音に反応する回路がほとんど退化して、なくなってしまうという状態になるのです。(2 脳科学の現在と可能性 「脳ネットワークの臨界期」p.59~60)」

以上、引用おわり



私は日本育ちなので、「L」と「R」の聞き取りがきちんとできません。ここ育ちのわが子は完璧で、娘は3歳ごろから、LとRの入った単語や名前の私の言い間違いに駄目だししたり訂正してくれます。

「L」と「R」の聞き取りの必要ない日本で育ったから、私のこの回路は退化してなくなったのでしょうね。

子供達の思考回路も同じですよ。思考回路養成じゃないところに力入れていると、できる回路が少ないまま12歳を過ぎてしまいますよ~。
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2017-02-10 21:16 | どんぐり倶楽部 | Comments(0)

育児って思っていたより大変だった

1999年の結婚式の2ヵ月後からドイツパンの道に足を踏み入れた私、2006年夏にマイスター試験に合格したのを区切りに、やっとこさ子供のいる家庭という未来を現実的に考えられるようになりました。7年かかってやっと、外国での生活の基盤が持てたような気がしたのです。

マイスター取得後に、元職場であるスイスのスーパー大手ミグロのパン工房に戻るという選択肢もあったのですが、夫をはじめ他の人とは違う仕事時間で働くということを少し休みたかったので、いったん家にいることにして、それまでなかなかできなかった、地元の婦人会入会や日本人会役員といった地域交流や、通訳・翻訳のお仕事をさせていただく機会となりました。

たまに集中的に翻訳の仕事をしながら、昼間からプールへ行ったり、森にウォーキングに行ったりの健康的なお気楽主婦的生活も、なかなか子供にも恵まれないようですし、1年もすると退屈になってきました。そこで、近所の学校で募集していたキッチン補佐の60%のお仕事を始めてみたところ、半年ほど働いた頃に妊娠がわかりました。

待ちに待った妊娠で、私としては子供が生まれたら仕事をやめて子育てに専念!と私の母世代では当たり前だった考え方でいたのですが、子育ての先輩である職場の同僚や事務の女性たちに「とりあえず続けるつもりで保育園に申し込みを出した方がいいよ。」と言われました。考える暇もなく、彼女たちが申込書をダウンロードしてくれたり、近所の保育園に電話してくれたりして、私の専業ママになる意思もそんなにしっかりしたものではなかったので、流されるままに申し込みを出しておいたのです。子供の名前の欄は空白、誕生日のところには出産予定日を。注意書きのところに、まだ生まれたない子のための申し込みの場合は、生まれた後になるべく早く事務所に名前と生年月日を知らせることって書いてあるので、へ~、これが普通なんだ~という感覚でした。

ここまで読まれた方はスイスは子育てしながら働く環境が整ってるという印象を持たれるかもしれないですね。ところがどっこい正反対!!隣国ドイツやフランスに比べると、超保守的で仕事を続けることがとても困難なんです。

一般的に育児休暇は3ヶ月、この間過去9ヶ月間にもらっていたお給料平均額の80%の給与が支払われます。その後は、個人個人で会社と話合って無給で休みを取得できたりします。ドイツでは割とある、男性の育児休暇取得なんてスイスではほぼありません。

保育園の数はものすごく少なく、どこも待機リストが100人を越すすさまじさ。私立保育園は割りと空きがありますが、週5日で月謝が25万円ほどかかります。私立は駅に近いとか独英二ヶ国語対応をしていたりと、預ける側にメリットは多いのですが、狭かったり庭がなかったりします。公立保育園は市からの援助があり、親の収入によってお月謝が違います。例えば、年収300万円以下の家庭の場合は、週5日の月謝が2万円と安いのですが、1千万円で月謝10万円、1千8百万円を突き抜けてしまうと月謝が最大の23万円でそれ以上にはなりません。

こんなに保育料が高くて、スイス人女性はどうしてるのか?と疑問に思いますが、午前中子供をつれてお散歩に出るとすぐにわかります。地元女性は実家や親戚という強い味方がいますので、午前中の公園や散歩道は老人と赤ちゃんというペアがわんさか。

身近に頼れる親戚のいない、うちみたいな外国人家庭はなにがなんでも公立保育園に入れないと仕事が続けられません。実際、うちの子達の通う保育園の子供たちの国籍の幅の豊かなこと!みんなおうちで外国語を話し、保育園でスイスドイツ語を共通語にして遊んでいます。

さて、私のことに話を戻しますと、出産1ヶ月前まで立ち仕事で働き、出産後3ヶ月で職場復帰しました。保育園には入れなかったので、同僚の知り合いで保育ママさんをされてる方にうちの娘も見てもらうことになりました。生後3ヶ月ですから、寝てばかりだし、食事も私が休憩時間に絞った母乳、預けるのが7時間。でも一日7千円もかかり、働いても手元にはほとんど残りません。それでも仕事を続けるのは、半分は自己満足、半分はリスク分散。このご時勢、いつ何があるかわかりません。特に外国人で子持ちだと、仕事という世界に少しでも足がかりを残しておかないと、簡単には戻れない可能性が高く、それが怖いのです。

もちろん、こんな話を日本の母にしたところ大激怒!!せっかく授かった子供を3ヶ月から人に預けて働くなんて!!と、しばらく絶縁状態が続きました。しかしながら、孫かわいさと外国生活の大変さを理解したのか、はたまた子供を預けてるとは言え、時短勤務で午後2時からは娘との時間になるのをスイスに来て見て、応援してくれるようになりました。

ちょうどハイハイができるようになった頃に娘は保育園に移れました。やはり小さい子はよく病気をしますし、その時に休みやすいように、私は契約を週3日、時給勤務にし変更してもらいました。

このように変更できたのも、とりあえず仕事に戻って半年間がんばった実績を見せられたからだと思います。産む前にも提案したのに即却下でしたから。子育てしながら仕事っていうのは、親戚などの手助けがないと本当に大変ですね。それから、産む前には誰も教えてくれませんでしたが、育児って大変ですね!!!こんなに体力と精神力がいるものだとは想像していませんでした。
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2017-02-09 23:38 | 妊娠・出産・育児 | Comments(0)

2月26日(日) 糸山先生講演dvd観賞 / 歓談会

家庭学習で「どんぐり」を取り入れたいけれど、どうやって始めたらいいのか分からない、同じ考えの仲間と会って話してみたい、日本語学習の一つの選択肢として一度話しを聞いてみたい、という方、お気軽に参加してみてください。

良質の算数文章問題は年長さんからスタートしますが、0歳~6歳のお子さんのお父さんお母さんにとっても、どんぐりを知ることで、きっと子育てが楽に楽しくなります。または将来の孫のため、ただ単にどんぐりを知ってみたい、という方でももちろん歓迎です。

予約は必須です。スイスどんぐり倶楽部かその主催者にメールまたはメッセージで、以下のことをお知らせください。
または、私へ
deutschebaeckerinアットhotmail.com
アットを直してメールしてください。

● お名前
● 参加人数(お子さん同伴の場合は、椅子の必要なお子さんの数)
● お昼の部 / 夜の部 どちらか(内容は同じです)
● 連絡先
● ひとことメッセージ

【場所】
Fridbachweg 17, 6300 Zug
Roostというマンションの集会所
Zug 駅からS2で4分 Zug Fridbach下車すぐ
(日曜日は毎時5分にErstfeld行きが出ています。)
下記写真の奥、ホームから下るスロープがあり、そこを下ってすぐの棟の0階です。

【日時】
2017年2月26日(日)

(お昼の部)
12:45 開場
13:30 DVD観賞、説明会
15:30 お食事、お茶をしながら歓談
17:00 お開き

(夜の部)
17:30 DVD観賞、説明会 (夜の部)
19:30 お食事、お茶をしながら歓談
21:00 お開き

糸山先生の講演DVDから、スイスで子育てをしている私たちに重要と思われる部分を抜粋鑑賞、私からの説明、必要であればドイツ語での説明も予定しております。
同伴の子供たちには、DVD/説明会の時間は、お父さんたちと一緒に外に遊びに行けるように、近辺の外遊び場所へ同行したり、その際にドイツ語や英語で説明を加えてもらえるよう準備しておきます。室内にも工作ができるようなものを準備しておきます。(外遊びの準備や同伴は、昼の部に限ります)

ちなみに当日、子供へのどんぐり問題のデモは予定しておりません。

概要(仮)
1.どんぐり倶楽部とは
2.レディ・ゴー・マップ「学習の適齢期」を活用した教育年表
3.言葉の役目、「言葉のトリガー理論」
4.脳内言語は視覚イメージ
5.今と昔との違いは何か?
6.意識することの重要性
7.視覚イメージと学習の注意すべき関係
8.算数で国語力を伸ばせる理由
9.漢字学習
10.具象思考から抽象思考へ「9歳の壁」
11.「しつけ」
12.習い事と教育の違い
13.大事な満足回路、納得感
14.小学校での表現力養成が危ない理由
15.絵本の読み聞かせ
16.「自主的な遊び」の重要性
17.最も効率の悪い学習方法
18.2種類の学習習慣
19.デジタルメディアの害
20.どんぐり教材の具体的な使用方法「良質の算数文章問題」「漢字読本」
21.分からん帳


【参加費】
 大人おひとり5フラン こども無料
(場所代、資料、お水、お茶、パスタ&トマトソースを含みます)

【ご持参いただきたいもの】
● 乾き物でもお料理でも飲み物(アルコール可)でも結構ですので、一品お持ちよりください。
● スリッパ
● 外靴を入れる袋
● 筆記用具

【定員】
各部とも 30 席 ずつ
お昼の部 残席 14
夜の部 残席 21  (2月5日現在)

f0141507_0444624.jpg

[PR]
# by deutschebaeckerin | 2017-02-06 00:55 | どんぐり倶楽部 | Comments(2)

感情を殺さない

どんぐり倶楽部の「コトノハ通信」の創刊の言葉にすごく良いことが書いてあった。

「もっともっと、自分たちのコトバで伝えよう!

子どもを信じることのすばらしさを。

何もさせなくていい、とわかった時に、
どれほど子育てが楽しくなったかを。

子どもたちがどのように変わり、
生き生きと自分たちで考え、遊び、
学びはじめたかを。

十二歳までは
なぜ考える力を育てることが大切なのかを。
考える力はどのように
育てることができるのかを。

私たち自身の、目の前にいる子どもたちを通して。」


日本語学校辞めて、子どもたちがどんなにイキイキしてるのか、本当に伝えたい。


来週から始まるスポーツ(スキー)休暇をはじめ、やたらと多い学校の長期休暇(年間14週間、お稽古事の学校も休みになります)がこれまでは億劫に感じていたけど、どんぐり始めてから、私も楽しみになってきた。どんな遊びをしようかな?子どもたちと、わからん帳も開いてみよう!と。


昨日の朝、起こしたあと、「りんごが切れましたよ~」「ミルクが温まりました~」とかだけ声かけして放っておいたら、登校時間の15分前になってやっと朝食のテーブルにやってきた子どもたち、それでも自分で目玉焼きが作りたいというから、作らせたら、食べる時間は3分しかなかった。


「ママはね、わざと早く早く!って言わなかったけど、言って欲しかった?」って聞いたら、「ううん、言わないで。」と。「一言だけ言っておくね、寝室で二人でずーっとおしゃべりしてたけど、着替えて、朝食のテーブルでおしゃべりした方が、ゆっくり食べられて良いんじゃないかな?」ってだけ伝えたら、

今朝は朝食時間が45分もできて、余って退屈するほど。


あれやりなさい、これやりなさい、とガミガミ言っても、その場で言われたことだけする子になっちゃう、しかも親子ともども気分も悪い。


今日は黙々と肉まん製造をしながら、昨日のことを考えていたら、あ、なるほど、これが「感情を殺さない」ってことか。と。子どもは大人の何十倍も感受性が強いんだから、気をつけなきゃ。
[PR]
# by deutschebaeckerin | 2017-02-03 15:57 | どんぐり倶楽部 | Comments(0)