<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もう雇われるのは限界!独立を決心。

ちょうど4年前、2013年夏、独立を決心した頃に書かせていただいた原稿です。
石の上にも3年、3年の間に潰れてしまう会社の多い中、3年経ってスイスでの粉キュッヘの肉まんの知名度も上がってきました。じっくり着実に丁寧にがんばってます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前回は、現在の状態にどこか満足できていない自分について書きましたが、実は今、状況はうって変わって独立の準備で大忙しなんです。

 ことの始まりは、今秋に出版される「シュトレン本」に原稿を書くお仕事をいただいたことでした。その本の中で私の担当は、シュトレンに関する歴史や現在の状況まで、「シュトレンいろいろ」について調べて文章をまとめることでした。

 パン屋での仕事のない夜は、子供を寝かしつけてから参考書を読んだり、ネットでシュトレンについて調べる日々が一ヶ月以上続きました。

 また、マイスターコースでお世話になったヴァインハイムの校長がシュトレンで有名な方なので彼と連絡をとったり、更に彼にドレスデンのパン学校の先生を紹介してもらい、そこから更にドレスデナーシュトレン保護組合へと、シュトレンに関わる大御所の方々にメールでインタビューをすることができました。

 調べていくうちに、本場ドレスデンには、家庭でのシュトレン作りにおいて、とても面白い意外な伝統があることがわかりました。それについては、私の所属する婦人会のドレスデン支部の年配の方が思い出話を語ってくださったりと、このお仕事をさせてもらって、今まで自分がやってきたことや人脈が全て繋がったような、そして、協力してくれた方々の温かい思いを一つの原稿としてまとめられたような心から満足のいく仕事ができました。

 原稿のお仕事が終わってホッとゆっくりお風呂に入っていた時に、ふと思いついたんです。「今まで何度も独立をいろいろな方に提案されたけれど、パン屋は毎日新鮮なパンを焼かなければいけないし、一日お店に立っていただく販売員も雇わなければいけない、そして夕方売れ残ったものは全てロスだし、何よりスイスの物価の高さでは毎月の店舗の家賃が大きな負担で、それらのリスクを全部しょってやっていく勇気はない、と思っていたけれど、日持ちのするシュトレンだったら贈答用に一風変わったものが作れるのではないか?」と。私の住むツークは、さくらんぼで有名な町で、さくらんぼで作ったキルシュをたっぷり滲みこませた「ツーガー・キルシュトルテ」が名物です。ケーキにフォークを入れるたび、薫り高いキルシュの混ざったシロップがジュワーと染み出してくるほど入っていて、お酒好きな大人が好む味のケーキです。

 そこで、私はツーガー・キルシュトルテとは一風変わったツーク名物として、さくらんぼの入ったシュトレンを作ってはどうか?と考えました。私の故郷、日本は桜の花で有名な国で、ヨーロッパではまったく知られていませんが、桜の花を使った和菓子が沢山あります。桜の花の香りは、ドイツで夏の飲み物やアイスクリームの風味付けとして有名なヴァルトマイスターによく似ているので、受け入れられやすいと思います。桜の花のお酒で風味をつけて、桜の花のパウダーを混ぜた粉糖を振って、ツークと日本の融合したものにしよう!と思い立ちました。

 シュトレン本のためにシュトレン生地の応用はいろいろ勉強したところだったので、他にも沢山アイディアが浮かび、これで独立しよう!と決心したんです。独立するための会社設立は、家として住んでいる住所でできますが、作る場所は家とは別の場所を借りてやりたいと思いました。最初は高額な固定費を節約したいですし、私は仕事柄夜中に働くことには慣れています。営業が終わった後のレストランのキッチンをまた貸ししてくれるところを探すことにしました。

 何軒かあたって、あるホテルのキッチンを夜中に貸してもらえることになりました。キッチンを確保できたのが7月末で、その日のうちに大急ぎで今の職場の社長に退職願いを出し、9月末で退職できることになりました。

 独立を決めて、キッチンを探していた時に、私の話を聞いてくれた友人たちは口を揃えて、「独立するなら、ぜひ肉まんも作って」と言うのです。これは、私がこれまで何度かザンビアの孤児院のためのチャリティーバザーで出品したもので、おかげさまで、とても人気があるのです。最初は、ドイツでマイスター資格を取った私のプライドが邪魔して、「どうして皆、私が趣味で出した肉まんのことばっかり言うのかしら?私はドイツ仕込の技術を生かしたものが作りたいのに!」と思っていましたが、だんだん考え方が変わりました。「皆が求めているものから作ろう!ドイツ仕込のパンは、最終目標として取っておいて、軌道に乗ってから。」と。

 そこで、ホテルのキッチンを貸してくれる方にも、作りたいものが変わった旨をお話して了承を得た上、まずは中華まんや和菓子を販売することにしました。

 穀物や豆の粉から美味しいものを作るので、会社の名前はコナ・キュッヘ(独語でキッチンの意)です。スイス人やドイツ人にも発音しやすく覚えやすいネーミングにし、ドイツ在住の日本人デザイナーさんに、私の希望通り、穀物の穂と豆の絵のついた家紋風のロゴも作ってもらいました。

 肉まんは、趣味とは言え、今まで何度もバザーで出品している私のレシピがあります。これが受けることは、すでに分かっているので、大きな変更は必要ありません。ただし、スイスでやるからには、スイス人にも受け入れてもらえるように、材料に何が入っているのかクリアにして、まずは安心して買っていただかなければいけません。食べていただければ、美味しいことは分かっていただける自信があるので、最初のハードルを低くする必要があります。幸い、私はベルリンのビオのパン屋で修業をしてから、「地産地消」または環境のために有機の食材を使うことをもともと心がけています。私の商品にもそれは反映させたいので、材料はできるだけスイス産、スイス産が入手不可能なものは、ビオの食材を元に美味しい中華まんやお饅頭を作ります。

 突然決まった独立、十月スタートを前に、先日は毎年恒例のチャリティーバザーもありました。沢山用意した肉まんは、おかげさまであっと言う間に売り切れ、販売に関する問い合わせのメールもすでに沢山来ています。

 ベルリンでパンの修業を始めてからの14年間のお話を、ここ2年間連載させていただきました。独立決定ということで、ちょうど良い区切りとなりました。長い間読んでくださり、ありがとうございました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あれから4年が経とうとしています。
私が夫とともにヨーロッパにやってきてから、もうすぐ19年。
こんな人生になるなんて、当時夢にも思っていませんでした。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-05-22 04:41 | コナ・キュッヘ | Comments(0)

海外キッズ、どんぐり問題の使い方

4月の末に日本で糸山先生と金森先生にお会いしてきました~。海外でのどんぐりの進め方、漢字の勉強の仕方で疑問に思っていたことなど、糸山先生にお聞きしたら、サクサクお答えいただけました。さすが理論がしっかりしてるから迷いがないんだな~と思ったのと、いわれてみると、そうですよね!と納得できることばかりでした。

1. 「算数文章問題の書き換えについて」

どんぐり問題で馴染みのない単語や、日本語独特の主語や述語抜けているような言い回しを、馴染みのある単語に変更したり、意味のはっきりする文に直すことは全く問題なし、ただし、文が出てくる順番は変えてはいけない、とのことでした。つまり、沢山描いてしまって、あとで無駄なものを消さなきゃいけないような問題の場合、前後を変えて、そのような作業を無くすようなことはしてはいけないと。

私もどんぐりをやり始めた頃は、これで日本語の勉強も!と意気込みすぎていた気がします。例えば、問題に「はんぺん」が出てきたら、「はんぺん」を説明する良い機会だ!と思ったり。今は、自分でも、楽しく描いて思考回路を育てることが大事だと分かってきました。つまり、おでんじゃなくて、バーベキューをテーマに変えて、はんぺんの代わりにソーセージにするとか、年長さんの息子には、「たぁ君とうぃん君」じゃなくて「ルイとニコラ」など友達の名前に変えて出題。それで良いんだ、と分かってきました。子供も馴染みのある単語の出てくる文章問題の方が楽しく描けます。

2.「漢字IF法について」

漢字について。IF法で1日1字書いたら、毎日やったとして(毎日しなくてもいい)一年で365字、3年間で小学校で習う漢字を全部一通りすることができる。年長の息子にはどんぐり問題をするついでに週に2回、1字ずつひらがなをIF法でやるだけ。それでも、一年でひらがな、カタカナを一応やったことになる。忘れてもいい。

《この段落は、私のやり方です》
A4の紙に太めのペンで、子供の背後から覆いかぶさるように目の前でゆっくり一字書いてあげる。子供となぞりがきをして、「一回だけお手本を見ずに紙に書けるように、頭の中に描けるか、目をつぶってやってみて。無理ならお手本を見ていいよ。大丈夫になったら言って」と言い、子供がOKを出したら、お手本をひっこめ、A4コピー紙を渡し、一度だけ書いてもらう。昨日は娘は「窓」(6年生の漢字がしたいと)、息子は、「こ」(名前が終わったので、苗字から一字)でした。
ここで問題なのは、音読みをどうするのか?と。子供は訓読み言葉が多いけれど、大人は音読みの熟語を話すことが多い。これが外国人にはすごく難しいと夫が言っていたので。糸山先生にお聞きしました。

それはただ単に、同じようにIF法で、「風」(かぜ)をいつかやったとしても、音読みを教える時には、「ふうせん」「たいふう」の「ふう」をやるよ~。と言って、「風」と書く。子供は「え~?これ知ってる!ラッキー。」、それで良い。「そう!前にもやったよね、あれは「かぜ」だったけど、「風船」の「ふう」って読み方もあるんだよ」と。子供が知りたがったら(例えば、「せん」も実はもうやったことある字なんだよ~、とか)そして、年齢が上がってきたら、1つに限らず複数一度に習えるようになるから、その時には数を増やしても大丈夫。心配せずに、じっくり、ゆっくり、丁寧に進めていけばいい。「風」を教える時に、「かぜ、ふう」と無理に2つ教えなくて良いってことです。

大事なのは、日常生活でイメージを子供と共有するように話したり、言葉がけしたり、読み聞かせをしたりして、イメージと言葉を確かに結びつけること。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-05-20 05:36 | どんぐり倶楽部 | Comments(0)

やっぱりドイツパンが好き

2013年7月の原稿より

出会いと別れの季節といえば、日本では春ですが、ここスイスでは夏休みが終わったところからが、新学年のスタートです。そして、我が家では4歳半の娘が幼稚園に入園します。

生後8ヶ月から4年間通った保育園とも7月半ばでお別れで、最後の2週間ほどは、保育園でも家に帰って来てからも、時々悲しくて泣いてしまっていました。

そして、お別れ会当日は、これからの幼稚園生活が上手くいきますように、との願い事を書いた風船を飛ばして、私と一緒に作ったミニマフィンをクラスの皆で食べ、手作りのプレゼントをもらって、本人も吹っ切れたのかすっきりした顔で帰ってきました。

8月半ばからは幼稚園のスタートで、娘にとっても私たち親にとってもまた新しいステップへの挑戦です。というのは、保育園と違ってお昼で終わって帰って来ますし、年間5回も2週間以上の休みがあるので、そこをどうやって仕事と両立して乗り切っていくのか、いろいろな人に手伝っていただかなければいけなそうです。

そのため、この夏から、福岡のパン職人の女性が3ヶ月間うちへ来きてくれることになっています。スイス滞在中、彼女はドイツ語コースに通いつつ、子供たちの幼稚園・保育園の送り迎えや家事育児のサポートをしてくださることになっています。

日本からどなたかに来ていただこうと考えたのは、スポンジのようにいろんなことを吸収してヨーロッパで日々成長する子供たちに、日本人の良い部分を身近に感じてもらいたいと思ってのことです。来てくださる彼女は、今のところ3ヶ月で日本へ帰られる予定ですが、ここへ来てから考えが変わるかもしれませんので、オープンチケットをお勧めしました。

ドイツでのワーキングホリデービザは、ヨーロッパのドイツ大使館やドイツの外人局でも年齢制限にひっかかっていなければ簡単に取得できるそうなので、スイス滞在の後にドイツで働いてみてもいいですしね。

実は、5月に7年ぶりにベルリンへ家族みんなで十日間行ってきたのですが、とても刺激的でした。特に嬉しかったのは、私が修業したお店がますます魅力的に大きく発展していたことでした。当時でも、ホテルやビオ店など卸先が70軒ありましたが、店舗は本店とマルクト出店だけでした。現在はベルリンの人気地区プレンツラウアーベルクの支店とカフェをはじめ4店舗に増え、パン工房は手狭になったために引越しをして、以前はパンとお菓子部門が一緒に使っていた本店の工房はお菓子部門が2シフト制で使っているそうです。大きくなってはいますが、相変わらず売り子さん達の雰囲気はすごくいいし、商品説明もしっかりしていて、当時でも良かったパンの品質もさらに向上した印象を受けました。

実際、最近ほかの用事でヴァインハイム国立製パン学校の先生と話す機会があったのですが、私の昔の修業先はもしかしてあの店か?と聞かれたので、そうです、とお答えしたところ、シェフィン(女性の社長)がよくセミナーに参加していて、とても感じの良い人だ、良いお店で修業したね、とおっしゃって頂きました。そんなお店で修業できたことに、感謝と誇りの気持ちが沸き、私もがんばらなくちゃ!と良い刺激とパワーをもらいました。

その他にも、私たち夫婦が住んでいた十年以上前にはなかったような、オシャレさと技術力を併せ持ったパン屋さんがいくつかできて、ベルリンの人たちの支持を集めているのを見て、私も身軽だったら、ぜひとも今のベルリンで働きたい!と真剣に思いました。うちへ来てくださる彼女にも、まず我が家でヨーロッパの生活とドイツ語に慣れた後、せっかくなので、ドイツやベルリンで働いてみて欲しいのが本音です。

そんな風に思ったのも、なんとなくスイスに来て最初の職場こそビオやフォルコーンのパンが作れたものの、お給料未払いなどの問題が多くて辞めて依頼ずっと、どこか満足していない自分が常にいるからかもしれません。

去年から働き始めたパン屋さんは小さくて、自分のアイディアを商品化する融通の利くところだったので、まずは地元日本人をターゲトに餡子入りクロワッサンを提供し、次は何をしようかと楽しみにしていたのですが、昨夏になって突然、新しいことは全てストップという状態になり、直後に、他店に買収されるというお知らせがありました。

そして、今年1月1日から工房は変わらないまま、新しいオーナーと新しいチーフの下で私は働いています。私は買収された側の人間なので、週2日とはいえ、今年の初めは少なからずストレスを感じながらのスタートでした。その後、新しいチームにも馴染んで、やっと落ち着いてきたところだったのですが、年始のゴタゴタを嫌って辞表を出した人たちがこの夏にこぞって辞めてしまうので、その後、どうなるのか?少し不安ではあります。

私も長い目で見て、私の原点といいますか、ベルリンで学んだビオやフォルコーンのパン作りができる職場に戻りたいのが本音ですが、私は稼ぎ頭の夫をサポートする立場ですので、やはり家事育児の分担は私が多く引き受けるべきですし、小さな子供を二人抱えてフルタイムは無理なので、新しい職場を探すのは簡単ではありません。今のような週2日の仕事を子供が生まれてから新たにみつけられたのは奇跡的でした。また、職場が買収された後も、新しいオーナーが私の勤務条件を変更することなく続けさせてくれていることにも、とても感謝しています。それでも、より私に合った仕事をみつけたいと、常にアンテナを張り巡らせつつ、今与えられた仕事を一生懸命やって、将来の糧にできるようがんばっています。

私がベルリンで働いていたお店は、Beumer und Lutumです。

当時、うちにベビーシッターに来てくれた女性は今、自分のパン屋さん「ういぱん」をやっています。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-05-18 05:32 | スイスの生活 | Comments(0)

不要なダム建設から子ども達の故郷を守ろう!

Facebookのお友達経由で知りました。

私の母の故郷、長崎は山あり海ありの素晴らしいところです。「引くことができない」とかそういう意味のないことで、取り返しのつかない工事をやるなんて狂気の沙汰です。

「長崎県と佐世保市が、同県東彼杵郡川棚町に強引に建設を進めようとしている「石木ダム」。
ご多分に漏れず、このダムも利水、治水において全く必要性がないことが明らかにされています。 
しかしながら引く事ができない県と市は、この掛け替えのない豊かで美しい地に「自然を守り古里に住み続けたい」と願い暮らしている方々の土地を強制収用し、ダムの底に沈めようとしています。
必要のないダム建設を撤回させ、強制収用をさせないため、故郷を未来に繋ぐために署名にご協力ください。」

「不要なダム建設から子ども達の故郷を守ろう!」

そして、4月30日、スイスの一流紙NZZが、ついに石木ダム問題を報じました!
https://www.nzz.ch/international/aufstand-im-tal-der-gluehwuermchen-ld.1289419
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-05-10 05:32 | 政治のおはなし | Comments(0)

スイスで未就学児を育てながら働くママの日常

2013年5月の原稿より。

今回はスイスで働きながら育児をしている私の日常について書いてみたいと思います。

私は現在のところ、月曜日と火曜日の週2日仕事をしています。子供が産まれる前にはキッチンの仕事をしたりもしましたが、やはりパン作りが好きなので、長くブランクを作らないようにと思い、下の子が卒乳したのを機に履歴書を更新して地元の小さなパン屋さんに応募しました。

私が入るまで、そのお店のシェフは週7日出勤で休む暇なく大変だったそうで、せめて週2日はゆっくり眠れて工房で立ち働かなくてよくなるようにということで、私は採用してもらいました。私自身も幼児を2人抱えてフルタイムは無理ですし、週3日出勤は最初からはきついだろうと想像していたので、ちょうど良かったです。

私は主にオーブンを担当するので、仕事開始は朝3時か4時です。生地作りの人はそれより1時間早く出勤して、仕込みや、多加水で低温長時間発酵の生地(パン・パイヤス)を計量成形してスリップベルトに載せるという作業をしています。私が仕事を開始する頃にドーコンに入れておいたパン生地も釜入れ準備完了!という状態になっています。

今まで働いてきたドイツやスイスのパン屋さんはどこでもそうですが、パン屋の仕事は常に小走りで対応しなきゃいけないぐらいやることがいっぱいで忙しいです。仕事中は無我夢中ですが、終わってからは体は疲れていても、緊張した頭がなかなかほぐれないのが困ったものです。

ところで、私が仕事の日は、夫が子供たちを保育園に送って行ってくれます。月曜日は夫は在宅勤務の日なので、私は仕事が終わったら、家に帰ってランチを作って夫と遅めの昼食をとり、その後は30分ほど仮眠を取って、掃除や洗濯をし、5時半に子供たちを保育園に迎えに行きます。

日本で「働くママ」というと、子供の保育園の送迎や家事全般まで毎日自分でこなしているというすごい人が多い印象です。スイスでは、子供が中学生ぐらいになるまでは、週5日毎日出勤をする人はごくわずかで、たいていはワークシェアで週2~3日の勤務にしたり、たとえフルタイムでも週1日は自宅勤務にしている人が大半です。

かなり保守的な国なので、「子供はなるべく家で育てる」という考えが基本で、毎日通える幼稚園が始まるのは、5歳から(ドイツは3歳)。しかし、授業は午前中だけで、お昼ご飯には帰ってくるんです。小学校も中学校も高校もお昼休みは基本おうちに帰ってご飯を食べることになっているので(さすがに高校になると学食もありますが)、どちらか片親がお昼には家にいるようにするか、ご近所やお友達の親御さんとお昼ご飯の担当スケジュールを決めて毎日の負担を和らげないと、仕事と子育ての両立は、強い味方のジジババが近所にいない限り不可能です。そういうわけで、若い世代からは、保育園の充実や学童保育を広げて欲しいという要求の声が沢山あがるのですが、なんでも国民投票で決めるスイス、せっせと投票に出かけて意思決定を左右するのは、やはりお年寄り達。お年寄り達は、今まで保守的にやってきて国も教育もうまくいってるので、変更する必要なし!と考える人が多いようで、子育て支援系の法案は次々と否決されてしまうのが現実です。強い味方のジジババが傍におらず、一番支援を欲しがっている、うちみたいな外国人世帯には投票権がないのも痛いですね。

うちの娘も今年の8月からは幼稚園に通えるので、やっと高い保育園料を払わなくてよくなるのは嬉しいのですが、お昼にはもう家に戻ってくるのと、幼稚園から高校まで、とにかく夏休み、秋休み、クリスマス&お正月休み、スキー休み、春休みと、とにかくスイスは2週間以上の学校のお休みが多いので、そこをどうやって乗り切ればいいか頭の痛いところです。保育園は料金は高いものの、朝から夕方まで預かってくれますし、休暇も年末年始のクリスマス休暇が10日程度、夏休みが2週間だけなので、これまでなんとかやってこれました。

子供を持たず仕事だけ、もしくは家事育児だけなら悩みも少ないのでしょうけれど、あれもこれもしたい、しかもできるだけ完璧に、というのは、実は親のエゴだし、体力も精神力も消耗するんですけど、今の状態を手放さないためには、とにかくやり続けるしかないですね。

私の仕事は週2日ですが、子供たちは週3日保育園に通っています。子供たちのいない1日は、集中して掃除・洗濯・買い物をしたり、メールのお返事など普段できないデスクワークをしていたら、あっという間にお迎えの時間になってしまいます。

ところで、日本より私が楽をさせてもらっているだろうと思うことは、夕食をカルテスエッセン(冷たい食事)にすることが多いことでしょうか。子供がいなかった時には、自分も食べたいし、夜も日本みたいにしっかり作っていたのですが、夫自身がもともとカルテエッセンで問題ないというか、それが好きなドイツ人ですし、何より子供がいると夜まで調理してその片付けまでしているパワーがありません。子供たちには塩茹でしたマカロニに粉チーズを絡めて、あとはフルーツを切るだけ、みたいなことも多いです。日本でこんなメニューの夕食を出したら、駄目妻決定ですね。

ただし、お惣菜を買ってきたり、納豆や冷奴といった開けるだけ、切るだけという便利食材もないので、日本の味はほぼ自家製です。米を蒸して麹を作るところから味噌、みりん、料理酒、塩麹を作り、青シソ赤シソはプランターに種から植えて、アプリコットで梅干を作ったり、梅酢にシソを漬けて「ゆかり」を作ったり、手打ちうどんはタピオカ粉を入れて讃岐うどんに、パスタを茹でるお湯に重曹を入れてラーメンの香りをつけて。食べたきゃ手作り!の世界です。

ヨーロッパに暮らし始めた15年前は「片栗粉」まで日本からトランクにつめて持ってきていた私ですが、現地調達でなんでもできるようになりました。海外生活は楽もあれば苦もあり、苦も楽しんで取り組めば身になります。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-05-08 04:16 | 妊娠・出産・育児 | Comments(2)