<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ことば

いーたんは最近ものすごくが私たちの言ってることを理解してて面白いです。
本人もベビーサインや言葉でいろいろ伝えてくれて、楽しい発見がいっぱいです。

動物が大好きで、散歩してる時、バスに乗っている時、
犬をみつけたらすかさず「ワンワン」って教えてくれます。
「ワンワン!」
「え?どこー?ママ見えないよ~」って言ってたら、
遠くから小さな犬が来ていたり、近くに置いてあるパンフレットに犬の絵があったりします。

湖のそばにフラミンゴやらキジやらいろんな鳥が檻に入ってるところがあり、
冬は遊ぶ場所も限られるので、よくいーたんを連れて見に行っていたのですが、
私が、「鳥さん、ぱたぱたぱたー」って飛ぶまねをしたら、
それから彼女のサインは手をパタパタさせるものになりました。
この間もスーパーで買い物してたら、突然ベビーカーの中でパタパタするので、
「ん??何?鳥さん??」って聞いたら、
「だだー!」って言って指差してるのが、イースターの広告。
鶏とウサギが描いてありました。
「あ、ほんとだー、鳥とウサギだねー」って言ったら嬉しそうでした。
でも、鶏肉をオーブンで焼いてるのを見たがったいーたんを持ち上げて
オーブンのライトをつけて、「鶏肉だよー」って言ったら手をパタパタしたのは笑いました。
意味がわかったというより、言葉に瞬間に反応して身振りが出たんでしょうね。

それにしても、私がいっぱいいっぱい日本語で話しかけてあげてるのに、
先週出てきた言葉には正直ハハ悲しい・・・って感じでした。
というのは、私が同僚に貰ったまたがって乗るタイプのクルマを玄関においておいたら、
保育園から帰ってきたいーたんがさっそく見つけて目をまん丸にして興奮し、
出てきた言葉は、「アートー!!!(Auto)」・・・・、
「アートー、アートー。ぶるんぶるん」って言いながら駆け寄っていくんです。
かわいいけど、毎日毎日、「くるまだね、ぶるんぶるん」って言ってる私はなんだか複雑。

先週は保育園で、「今日は、いーたんがベイビーって言ったんですよ」って言われてはいましたが、
週末来ていたダンナの友達一家から赤ちゃんのお人形を貰ったいーたん、
またまた興奮して出ました言葉、「べいびー!」
言葉を発するいーたんはとってもかわいいんですが、ハハまたちょっと複雑です。

私が「くるま」って言うのも、「赤ちゃん」って言うのもすごく理解はしてるようですが、
やっぱりそれを発声するのは難しいんでしょう。
でも、なんだかこうやってドイツ語ばっかりぽんぽん言われると
こっちもあわせてアウトとかベイビーって言った方が楽な気がしてきてしまいます、いかんいかん。
本当に言葉の超初歩の段階とはいえ、二ヶ国語で育てるのは、本当に十分に
親が時間と努力をかけないといけないのだなぁと小さな出来事からも実感した今日このごろです。

ちなみに、私がいーたんと話すのに参考にしているのは、
「わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児」
という本です。子どもの発達の仕方や遊び方がよくわかり、接し方などとても参考になってます。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-03-25 07:49 | 妊娠・出産・育児 | Comments(6)

外での仕事は生きがいです

昨日・今日と久しぶりにお仕事してきました。
去年の秋から(その前からしょっちゅうですが・・・)ずーーーっと病欠してた同僚が突然戻ってきたため、
2月の末から週2日のお仕事には行ってませんでした。
まぁ、行かなければ行かないで、たまった家事などやることが満載で暇したことはなかったのですが。

でも、今週は給食とランチのデザート用、ミーティングで出すためとのことで、
400人分のリンゴのシュトロイゼルクーヘンを焼いてくれというご用命があり、仕事してきました。

30キロのリンゴを切って、天板15枚分作ってきました。
久しぶりに腕力を使う仕事をしたので早速腕が筋肉痛ですが、楽しかったです。
そして、すごい充実感・・・・幸せ。
やっぱり外での仕事は私の生きがいです!!
早くまた依頼来ないかな。


ところで、また政治の話題ですが、参議院での丸川議員の質問の様子です。問題点をするどく突いてて、すごくかっこいいです。ぜひ見てください。お時間のない方は、要点は以下のとおり。

自民党の丸川珠代参議院議員は17日、参議院本会議で政府が四月からの導入を予定している「子ども手当」について質問し「支給条件に子どもの国内居住のたった一行を入れるだけで不正の多くは防げる」として、政府が無修正のまま四月から実施することを厳しく糾弾した。

①都内で児童手当(年12万円)を受け取っている海外に住む外国人の子どもは18区で2160人、子ども手当の総額は3億3700万円にのぼる、②児童手当と違い子ども手当になると半額でも年15万6000円、満額では同31万2000円に跳ね上がる、③中国の農村部では今でも年6万 7000円の年収で生活しており、不正受給が懸念される、④現に豊島区では海外在住の子どもが児童手当をもらえるという情報が在日外国人の間でじわじわと広まっており、連日問い合わせが相次いでおり、申請数はうなぎのぼりであり、16日現在で350人にも達している・・・・などと語り、「それでも何が何でも参議院選挙前にバラマキたいのか?」などと追求した。

「子ども手当ての不公平・不公正」
①海外駐在の日本人の子は、日本に居住していても子ども手当てをもらえない。
  一方、海外に住む外国人の子は、親が日本から仕送りをしているなら、子ども手当てをもらえる。
②虐待を受け、児童養護施設に措置入所している子どもは子ども手当てをもらえない。
  親の同意があって入所している子どもは、その親に子ども手当てが支給される。
③実質の手取り額は、年収900万円~1000万円の世帯がもっとも優遇される。
  児童手当は各種控除の廃止を差し引くと、手元に残る額は、子どもが幼いほど、親の年収が低いほど少ない。


[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-03-19 06:33 | スイスの生活 | Comments(11)

子ども手当て

今日は住民に無料で配られる新聞に、ツーク州のベビーブームについての記事がトップで載っていました。
ツーク州はスイスの中でも出生率がダントツに高いのですが、
去年ツークの二つの産院で生まれた赤ちゃんの数は、1306人で過去最高なのだとか。
もちろん、いーたんもその中に入ってます・・・・
私は日本のベビーブーム世代で苦労し(1973年生まれ)、
ダンナもドイツのベビーブーム世代(1968年)でこれまた苦労した人間なんですけど、
いーたんもスイスのベビーブームに思いっきり乗ってしまうとは!!
人に揉まれ、競争にさらされて、たくましい人間に育ってもらいたいものです。

ところで、日本は少子化対策の一つとして「子ども手当て」という政策がありますよね。
これについては、もらえる家庭は素直に嬉しいとは思いますし、
ドイツやスイスにも似たような手当てがあり、発想自体は良いものだと思っています。
ただね、財源はどこなんですか?誰に配るんですか?などなど、しっかり議論しないまま
単に選挙で勝ちたいがためのバラマキってところに、不幸の根源があり、
知れば知るほど将来のことが不安になり、本当に悲しくなってきますね。

皆さん、ご存知ですか~?
「子ども手当ては、国民の税金の世界へのバラマキ」だってこと。

例題1
日本に出稼ぎに来ている外国人のお父さんがいて、本国に3人の子どもがいます。
このお父さんは子ども手当ての支給を受ける権利がありますか?
また、もらえる金額はいくらですか?

例題2
親子3代で暮らしている田中さん一家には14歳の息子さんがいます。
田中さん夫婦が学術研究のため、海外に1年赴任することになりました。
息子さんは高校受験があるため、祖父母とともに日本に残り、ご夫婦だけが海外へ行くことになりました。
田中さんは子ども手当てをもらえますか?

回答1
はい、日本に居住しているためもらえます。
ひとりあたり毎月2万6千円、子ども3人なので、一年間で93万6千円もらえます。
本国に3人子どもがいるというのは、市町村レベルで行う「養育の実態調査」で証明します。

回答2
子どもが日本に住んでいても、親が外国に住んでいるのでもらえません。

えぇ???じゃないですか?
なんで、外国在住の外国人の子どもにまで子ども手当てを??
スイスでもドイツでも、「国内在住の子ども」という制限はしっかりついていますよー。
100歩譲って支給するというのに仮に同意してみても、子どもの数の確認の仕方をしっかり徹底してほしい。
各国の出す書類なんていろんな言葉で書かれていてあてになりませんから、少なくともアポスティルは必須でしょう。

ちなみに、児童手当はすでに海外在住の子どもももらっているそうで、
東京都荒川区だけで、
児童手当外国人受給者の海外別居監護(海外に別居しているが扶養されている状態) の総数は、124人だそうです。
この子たちの子ども手当ての予算は、平成23年度で5000万円だそうです。
荒川区だけでですよ~~!!

(友人談)
ここでキモは『外国在住の子供でも』ってこと。

そんなのは狂気の沙汰で、ドイツならトルコ移民が『うちには自国に10人子供います』って自己申告すればいいだけで、フランスなら『うちは、北アフリカ地域に子供が20人』、スイスなら『うちは、東欧に子供30人』。。。って、できるってことで、これこそが、移民で悩む西ヨーロッパ諸国なら、なにをおいても回避したいもの。家族をドンドンスイスやドイツ、フランスに呼び寄せるのにも、大変神経を逆立てているのが実態だしね。

~~~~~~~~~~~

事業仕分けとかぱっと見節約してるようなパフォーマンスにだまされないで、
こういう変な税金の無駄遣いにもっと批判が出てもおかしくないのに、
なぜ日本のTVでは全然報道されないんでしょうね。

うちはいーたんが生まれて家が狭くなったので、テレビを捨てたのですが、
時間の無駄遣いもなくなり、家も静かでいいですよー。
日本のニュースは偏向報道ばかりで、日本の将来が危ういことを一切報道しないし、
本当にテレビなんて捨てた方がいいですよ。
代わりにネットでニュース読んで、自分の頭で考える時間をとったらどうでしょう?
[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-03-11 20:20 | 政治のおはなし | Comments(24)

サングラス

f0141507_4365029.jpgいーたんは、ずいぶん私の血をひいたのか、見た目はかなり「日本人」です。
実際、5日間だけ日本にいた間、私がいーたんを連れて外出していて、「ハーフですか?」とか聞かれたこと、話しかけられたは一度もありませんでした。

逆に、スイスやドイツでの周りの目の引き方は相当で、「かわいい、かわいい」ってやたら話しかけられます。一度ドイツのカフェでお茶していたら、ベビーカーの中で寝ていたいーたんが途中で起き、私が抱っこして帽子やジャケットを外したら、注目の的で、ケーキ売り場から売り子さんが2人も出てきて手をなで始めたりすごかったです。これって、本当にかわいいからというより、西洋人の子と見た目が違うから、珍しいから、もっと見たくてみんなジロジロ見たり、話しかけたりしてきてるんですよね。基本的に田舎のドイツ人は珍しいもの、外国人、ものすごいジロジロ見ますから。差別じゃなくて好奇心。

そんないーたんですが、やっぱり半分ドイツ人。白人の子よりは色黒ですぐに日焼けしますが、どうもまぶしい光には弱いみたいです。この冬は何度かソリ遊びに出かけたのですが、雪道の光の反射がまぶしすぎるようで、目をつむってばかり。そういうわけで、先日サングラスを買ってあげました。めがね屋さんのお兄さんも、「普通赤ちゃんってすぐに嫌がって外すんですよー、でもこの子は嬉しそう。」って言ってくださったとおり、本人上機嫌で、自分で取っ払うことなく(帽子は結構すぐにエイ!って取っちゃうのに)意気揚々とソリに乗ってました。

で、私はサングラスなし。あってもいいけれど、別になくても平気です。日本人と西洋人では光の明るさの感じ方が違うそうです。西洋人のサングラスは必需品として、日本人はおしゃれとして。西洋の家は間接照明が多いけれど、日本は蛍光灯で明る~くしますよね。ヨーロッパに来て、部屋が暗すぎて私の視力はますます悪くなりました。ダンナがいない時は居間の明かりをアカアカと点けてますが、ダンナが戻ると、明るすぎ!とかって暗いほうに調節しなおしてしまうという・・・・電気のスイッチをめぐって、10年以上経っても応酬は続きます。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-03-02 04:39 | 妊娠・出産・育児 | Comments(12)