<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年の汚れ今年のうちに

f0141507_2174628.jpg今年も残りわずかとなりました。
今日も朝から結構はりきって家の中の用事を片付けました。

まずパイ生地、ツォップフ生地、レーズンパン生地作り。
パイ生地と言っても、簡単なオランダ風(練りこみ)をちょっとだけ。
というのもお昼にチコリのグラタンを作ろうと思い、冷凍庫から市販パイ生地の残りを取り出したら量が少なかったから。作った練りこみパイ生地を市販の生地に折り込んで量を増やしたって感じです。でも、ちゃんとバターの入った生地が混ざったので、市販だけのものより美味しくなって大満足でした。

パテやチーズなど美味しいものを買い込んでいるので、ツォップフとレーズンパン、そして1月6日に食べるKoenigskuchen(ケーニッヒスクーヘン)もついでに作ってしまいました。例の生地の一部にお人形が入っている甘いパンです。

私はお人形の代わりにアーモンド粒を一粒しのばせましたが、表面にもアーモンド(とあられ糖)を散らしてますし、当たってもわからずに食べちゃったりして。生地の色が薄黒いのは、栗の粉を10%混ぜたため。本物のKoenigskuchenには生地にアーモンドペーストが混ぜてあるのですが、家になかったので「代わりに何かないかな~」と探して出てきたのが栗の粉。これも少し甘いからいいかと思って。味はどうでしょうね、楽しみです。冷凍パイ生地といい、この甘いパン生地といい、実は在庫整理を兼ねてます。食材棚もずいぶんすっきりしてきました。

生地を作った後は、「今年の汚れ、今年のうちに~」と言いながら、ゴミ出ししたり掃除したり、アイロンかけたり・・・・ちょっとやりすぎ、かなり疲れちゃいました・・・でも、家中すっきりして気持ちいい!新年はやっぱりこういう気分で迎えなければ。

f0141507_2182746.jpgお昼ごはんの後は、バスと登山列車に乗ってツークの山の上に散歩に行ってきました。ここ数日霧がすごくて太陽がまったく見えなく暗い中で生活してるので、なんだか気分もすっきりしなくって。冬でも青空の広がる日本に住んでる両親にはあまり理解してもらえませんでしたが、毎日暗いと気分が滅入ってくるもんです。ということで、もっと標高の高い山の上へ行ってみたんですけどね~、残念ながら太陽は見えませんでした。でも、少なくとも青空は見えて満足。

家もきれいになったし、青空も見えたし、パンもできたし、後はのんびりお風呂に入って、DVDを見ながら大晦日の夜を過ごそうと思います。すでに結構疲れちゃってるので、年明け前に寝ちゃう予定です~。どうぞ皆様、良いお年をお迎えください。皆様とご家族のご健康とご多幸をお祈りしております。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-12-31 18:30 | スイスの生活

今年のクリスマス

f0141507_183213.jpg海外在住の皆様、クリスマスお疲れ様でした~。

臨月の私はもう遠出はしたくないということで、今年のクリスマスはツークで過ごすことになり、義父母が訪ねてきてくれることになりました。

義父母の宿泊予定のホテルでは宿泊とディナーをセットにしたパッケージがあったので、そちらを利用させてもらうことにしました。というわけで、今年は私は買出しもまったくしなくてよくて楽チンでしたが、やっぱり家族行事は毎年いろいろ気を使いますね。

一応クッキーを焼いて、美味しいプラリネを準備していましたが、お義母さんがシュトレンとリンツァートルテを予定どおり作って持ってきてくれたので、まずはうちでゆっくりお茶を飲みながらお喋りをしました。そうこうするうちに、お義母さんが「夜はホテルだし、もうここでプレゼント交換しちゃいましょう!!」と突然言い出して、いきなり午後からプレゼント交換・・・・クリスマスの雰囲気あまりないんですけど・・・。

ホテルのディナーは美味しくて量も多すぎず、何より後片付けもしなくて良いですし、キッチンと食卓を行ったり来たりしなくて良いので、お義母さんと私は「たまにはこういうクリスマスもストレスがなくていいわね~」という話になりました。また、量が多すぎないっていうのもポイントでしたね、というのも、アドベントからクリスマスまで、どこの家でも職場でも同じだと思いますが、常に目に入るところにクッキー、チョコレート、ピーナッツなんかがあって、どうも食べすぎちゃってるんですよ。更に、日本のお正月2日目のように、翌25日はいろいろ人を訪ねたりして、「食え食え」という状況が続くのが普通で、胃もたれが激しいので、「わ~食った食った」とお腹をさすっちゃうような夕食はできれば夜には避けたいものです。

翌朝は、「雨の音で目が覚めました」と言いたいところですが、私はその夜なぜか胎動が激しくてほとんど眠れず、疲れたまま朝食を食べに義父母のいるホテルへ出かけることになりました。車で15分の距離なのですが、私たちの住んでいるところより標高が高いので、外の景色は途中から銀世界になりました。ガラス張りの食堂で美しい景色を見ながら、1時間半ほどかけてゆっくりと朝食を食べました。朝食の準備(買出しも含む)もしなくていいし、朝から焼きたてのギップフェリは食べられるし、本当に気楽でいいです、今年のクリスマス!!!って、なんだか料理好きの私じゃないみたいですか?体が重くて面倒くさがりなんです、このところ・・・。

その後、義父母は早速ウルムの義理弟の家へ出発しました。
私たちはチューリッヒのおばあちゃんのところへ。

このブログにも今年の初めにオークションで古い箪笥を売った話を書きましたが、おばあちゃんは、今年から老人ホームに住んでるので、今までのように私が料理するんじゃなくて、老人ホームのコースランチをご馳走してくれるってことで、行ってみたらビックリ。本当に高級ホテルのような佇まいで、ランチも4つのコースから選べる上、超豪華で美味。しかも、クリスマスだからじゃなくて、こんなのが毎日らしいのです。実際、前夜のホテルディナーより豪華でコッテリでした。でも、自分自身の老後を考えた場合、たとえお金があっても、こんなの毎日食べられませんが・・・和定食もメニューに追加お願いします。

寝不足だった私は、こってりコースランチの後、死ぬほど眠くなっちゃったのですが、さらにもう一軒チューリッヒでダンナの友人を訪ねて夜やっと家に戻ってきました。疲れましたが、無事クリスマス終了~~~!寝正月ならぬ 「寝・アフタークリスマス」でそれから2日ほど朝寝坊して午後までパジャマでダラダラと過ごして元気回復!クリスマスの買出しをしなくてよかったのを利用して、冷蔵庫と冷凍庫内の在庫を計画をたてて消費したので、冷凍庫の霜取りと冷蔵庫の大掃除をしてピカピカ!!

出産に向けて、自家製冷凍食品作りを開始しました。まずはカボチャの煮物から。丸一個分炊いてバッドに広げて冷凍、固まったところでジップロックにごろごろと入れて完成です。今日はこれからファラフェルを沢山作って揚げようと思っています。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-12-30 18:23 | スイスの生活

アドベント

f0141507_2344369.jpg

早いもので、昨日(11月30日)は第一アドベントでした。
去年は250本近くもシュトレンを焼いたのに、今年は昨日焼いた2本が我が家の初物でした。
しかも、これは我が家で食べるためではなくて、来週の日曜日(第二アドベント)で
私が所属する婦人会のスタンドでコーヒーと共に振舞うためのもの。
お仕事として割り当てられたので、焼いたのでした。

最近お仕事と家事をなんとかこなすだけでいっぱいいっぱいなので、
アドベントクランツ作りもサボってしまいました・・・・。
婦人会が作った飾りを買っちゃいました。60フラン也、高い~。
でも、売り上げは寄付へまわされるのでしょうがないですね。
ピンクの薔薇と石の容器がちょっと冷たい感じなので、
もみの枝だけ買ってもう少しトラディショナルなクリスマス風に飾りなおしたいと思います。
この薔薇は特別な仕様がしてあって、3年もきれいに持つんですって。

さて、話は戻ってシュトレン。焼きながら、
「去年は沢山の方にシュトレンを作り方をお教えしたけれど、
今年も作ってみてる方っていらっしゃるのかな?」とふと思っていたら、

「去年教えていただいたシュトレンを今日作っています。
頂いた資料&レシピをもう一度読み返し思い出しながら進めています。
今ナッツとレーズン類を混ぜ込む前の20分の休憩中です。」

と、お一人から嬉しいメールを頂きました。
私も作りながら、自分でも食べたくなっちゃったので、今週もう一回自分用に焼かなきゃ~と思っていたら
今日、お義母さんからアドベントの小包が届きました!!

中にはシュトレンとクッキーとエルツ地方の木のお人形が一体。
このお人形もずいぶん集まりました。今年はハープ。
オーケストラでハープがどこに座ればいいのか分からなかったので、
お礼の電話をしたついでに、お義父さんに聞きました。
でも、ほかの奏者の位置もあってるのかかなり微妙・・・・ダンナに確認してもらわなきゃ~。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-12-02 02:49 | スイスの生活