「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

中華まん

去年の秋から暮れにかけて、ものすごく沢山作ったコレ。
軽く1000個は確実に作りました。
知り合いから頼まれたので、先週は久しぶりにまたいっぱい作っちゃいましたヨ。
中華まん、インスタントのわかめスープ、サラダが翌日のダンナのお弁当でした。
蒸す前と後の大きさの違いの写真もご紹介します。

f0141507_23122451.jpg


豚肉は塊をフードプロセッサーでカットして、餡子も手作り。
レシピは改良に改良を重ねて、最初の頃よりもっと美味しくなりました。
お豆腐と切り干し大根を入れたベジバージョンも出来ましたヨ。
自分で言うのもなんですが、粉物の得意な私、皮だけでも美味しくて花巻もよく作ります。
でも、レシピはネットでは公開する予定はありません。ごめんなサイ!

この日は36個作ったのですが、20個は友人にお引取りいただいて、4個はダンナのお弁当に、
更に残ったのは冷凍。またお弁当になるか、うちのランチになるかはまだ不明ですが、これが冷凍庫あるとなんだか安心(笑)。
ミニ春巻きや根セロリのミニカツレツなど、お弁当用の自家製冷凍食品も最近は充実の我が家の冷凍庫デス。

何が入ってるか分からないのと、手作りを楽しめて作れる性分なので、アジア食材店の冷凍ギョーザ等はもともと買ってませんでしたが、
ひき肉も去年ぐらいから私は一切買わなくなりました。すね肉などを自分でカットしてます。
そのほうがずっと美味しいし、何が入っているか分かるので気持ちも良いので。

食料品価格の高騰が最近のニュースの中心ですが、安物に走るのではなくて、良いものを大事に食べて行きたいですね。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-29 23:12 | パン | Comments(14)

シュパーゲル(白アスパラ)

日本のゴールデンウィークも始まったようですが、こちらも来週から祝日が多くなります。
来週は、私もお休みを利用して、ドイツへシュパーゲルを食べに行くことにしました。
シュパーゲルといえば「ドイツ」ですから。
前の居住地がベルリン(有名産地ベーリッツの側)だった私、
そして、義父母の家ももう一つの有名産地シュヴェッツィンゲンの近く・・・ということで、本物のおいしいものばっかり食べてきた私には、スイスで売られているものがあまりにも可哀そうで(だって、悲しいぐらい切り口がかさかさ・・・頭が紫っぽく日焼けしてたり・・・)買えないんです、ワガママでごめんなさい。
でも、皆さんも海外で、「これ大丈夫?」って思っちゃうように目の濁った魚が魚売り場に陳列されて売られていたら、買えないでしょう?それと同じですよ。

そこで、去年の今頃の話なのですが、
お義母さんと一緒に参加した「シュパーゲルお料理教室」について
他のところで発表していた文章を、ここブログでもご披露します。

f0141507_08515.jpg


More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-28 01:13 | 食材 | Comments(11)

Oekihof

昨日は、ツークのOekihof(エキホーフ)というゴミ収集所にも行ってきました。
ツークって分別ゴミは自分で収集所(もしくは巡回収集バス)に持って行かなきゃいけないんデスヨ。
結構面倒くさいです。
巡回バスは週一で平日なので働いてると無理ですし。

ま、全てを放棄して全部一緒くたにして、有料の袋に入れて捨てることもできます。
この有料袋は、分別しきれないゴミ用なんですけど。
その袋が、35Lで290円ですから、安くはないですし、
ま、分別できるのならする方が私は気持ちが良いので、真面目にやってマス。
ちなみに生ゴミはまた別で、一週間に一度コンポストの回収がありまーす。これは無料。

f0141507_18124769.jpg


前に行ったのはいつだったかなぁ。
たしかイースターの頃だったと思うので、一ヶ月ぐらい前でしょうか。
生ゴミ以外の分別できるゴミだけで、夫婦二人でこんなにいっぱい出るもんなんですよね。
ほとんどがビニール袋などの包装、紙、ダンボールなのですけど嵩張りますからね。

土曜日のエキホーフは入り口ですでに渋滞してマス。
プラスチック、PETボトル、紙、ダンボール、アルミ、スチール、ビン(色わけ)・・・と
自分で所定の場所にもってって捨てます。
これは巡回バスも一緒で、バスの中の所定の場所に、持ち込んだ人が分けて捨てます。
ま、こういう努力もあって、ツークのゴミリサイクル率は60%とか。
生ゴミは植木用の土として戻ってきて、エキホーフで貰って帰れます。
酸性が強かったりするかもしれないので、自分で中和させたりしなきゃいけないのだと思いますけど。
実は貰って帰ったことなくて知りまセン。

日本に帰るとゴミ収集日に集めて捨ててあるので、やたらゴミが多い印象を受けるのですが、
ツークとどれぐらい違うのだろう?とツークの事業報告書を見たら、
あれれ?ツークの住民一人当たりが一日に出すゴミの量は、1300gぐらいなので多いぐらい。
(ネットで見たら、日本人一人当たり1100g)
これはもちろん事業系など全部含んでいますので、家庭ごみはもっと少ないです。
ただ、体積じゃなくて重さで出てますからねぇ。日本はプラスチックゴミが多いですし。

ちなみに、ツークのゴミの内訳(重さ)の主なものは、
33%が分別不可能なもの(有料ゴミ)
33%が生ゴミ、
20%が紙、
4%がプラスチック+PETボトル
その他、こまごまと全部出てますが割愛します。

一人当たりが出すゴミの量は、ここ10年ほどほとんど変化がないみたいです。
ま、エキホーフに持っていくのは結構面倒ですし、有料袋は高いですし、
最初から意識して買い物する習慣がついてるってことなのでしょう。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-27 18:18 | スイスの生活 | Comments(4)

世界記録に挑戦

さきほど、ツークの隣町カームの広場で、ギネスに挑戦!というのを見て食べて来ました!
それは、これ。
何か分かりますか?
普通は、生地60g+フィリング60gでやるので、一個120gぐらいのものなんですよ。
f0141507_18331829.jpg


More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 18:58 | お菓子 | Comments(4)

HIFANA

f0141507_1543257.jpg昨日の夜、独仏共同放送局であるARTEを見ていたダンナが、
「すごい!!夏に日本に行く時、絶対HIFANAのライブ見に行きたい!」
と言うので、
「ハイファナ・・・・?ナンデスカ、ソレハ?」
と二人でネットで調べて、YouTubeでPVをいろいろ見たら、これはイイ!
なぜARTEでやったのかも分かる!
彼らの音楽は絶対、ヨーロッパで受けます!断言できる!
ヨーロッパのMTVでPV流しても、絶対にウケるよ。

数年前からカヴァー曲とか全然イイと思わない曲や、
なんだか訳の分からない成金趣味な番組ばっかり垂れ流してるMTVだけど
(こういうこと言い出したら、オバサンなんだろうか・・・)、
もうHIFANAのPVも流してるんだろうか?
彼らのオフィシャルサイトに、フランスでメジャーデビューが決定って書いてあるので、
そうなのかもしれないデスネ。

でも、ライブパフォーマンスまでは私はいいや・・・年齢的にもうくって。
・・・・って、うちのダンナなんて私より5歳も上だよ。
どうすんだろ?

ちなみに、Wikipediaによるハイファナの紹介。以下引用デス。

「ジャンベ演奏者のママディ・ケイタ、タブラ演奏者のザキールフセインなどの影響を受けた彼らは、ライブではプログラミングやシーケンスをいっさい使用せずに、AKAIのサンプラーMPC2000などを即興的に叩いてビートを刻み、さらにスクラッチやパーカッションなどを乗せていくという独特なスタイルを披露する。またパイオニアのDVJなどの映像機器を活用し、音と映像を同期させるのも特徴。

一方CDやレコードなどで聴ける楽曲ではプログラミングやシーケンスが用いられ、そこでは町の雑踏からアニメキャラクターの声まで、あらゆる種類の音(ネタ)がサンプリングされ、使用されている。 また、HIFANAのアーティスト写真やホームページでも見られる数々のキャラクターのアートワークはソロボンヌ先生(ジューシー)が手掛けている。」

なんだか新しいものが日本から出てくるって嬉しいなぁ。
がんばれ、日本の若者!!
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 15:09 | はまりもの | Comments(0)

今日も焼いちゃった

職場のデザート用のケーキは追加で焼かずにすんだのですが、
私のシュトロイゼルクーヘンは、大変ご好評いただきまして、
学食のランチ開始は11時半なのですが、12時過ぎには全部なくなっちゃいました。
フルーツとどちらか選べることになってるので、
ケーキは60人分用意しておいたんですけど・・・。
それにしても、昨日言ってた8人分取り置きっていうの、ドイツからの来客用だったんですって。
がくっ!
ドイツから来た人にあれ出しても、「へ~、ドイツと一緒デスネ!」ってオチじゃないデスカ!

で、家に帰ってからが忙しかった~。
まずはミグロへ週末の買出しへGO!デス。
今日は全商品10%引きでしたからね、
なんかこういうのって、闘志をかきたてられます。

主婦はバーゲンに出ると7人の敵がいるので(?)、戦ってきまシタ!
というのは大げさですが、無駄に買ってもしょうがないので、
ちゃーんと月曜日から何を買うべきか対策を練っていたのデス!
普段ぜったいに値引きにならないもの(粉各種など製パン製菓材料)を中心にゲット!

f0141507_6395158.jpg


それから洗濯しながらアイロンもかけ、ツォップフとシュトロイゼルクーヘンを焼きました。
ケーキは結局、ルバーブがなかったので、りんごで。
昨日、職場で作ったようにりんごは千切りにしたのをたっぷりと敷いて焼きました。
今度レシピのところにも、りんごのを載せましょう。
一部は上の階に住む未亡人のおばさんにお裾分けしました。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 06:41 | お菓子 | Comments(4)

シュトロイゼルクーヘン

プンパーニッケルの理論、ちょっと待ってくだサイね・・・。
やっぱりゆっくり時間がとれないと書く気がおきなくて。
中途半端なやる気で書いて、あとで後悔するのも嫌ですし。

f0141507_323668.jpg前に学校のデザートでパウンドケーキを作ったことをご報告しましたが、
明日のデザートは、梨とりんごのシュトロイゼルクーヘンです。
今日仕事の途中でちょこちょこと用意して天板3枚焼いてきました。
・・・でも、シェフが3枚って言うから3枚焼いたのに、
出来上がったのを見て+焼いてるにおいにつられた先生たちが
「私のぶん、確保しといて!」って言う人が多かったらしくて、
「ちょっと足りないかも。明日ももう一回焼いてもらうかも。」
だって・・・。
ま、いいんだけど、二度手間。

同僚のドイツ人のおばちゃんが一番喜んでるかも。
「ドイツのシュトロイゼルクーヘンよね??
底はイースト生地のよね??」
って確認しにきて。
「これこれ!!なんでスイスにはどこにも売ってないのよ!」って大喜び。
きっと明日はドイツ人の先生達も感激してくれるでしょう。
うちの週末用のケーキも今週は、シュトロイゼルクーヘンにしようと思いマス!
何で作ろうかしら。
まだ輸入ものだけど、ルバーブ?それともまだ地元のりんごにしようかな。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-25 03:07 | スイスの生活 | Comments(6)

Radio Eins

すみませ~ん、製パン理論の方、結局おさぼりしちゃってて・・・。
いろいろ忙しかったんデス。
先週はダンナがいなかったから、お弁当も要らないし、
自分ひとりの食事は結構テキトーにしちゃうので、
自由になる時間がいっぱいあったんですけど。

さて、ビザ延長の申請は、2度行かなきゃいけなかったとはいえ、無事終わったみたいです。
あとは新しい滞在許可証が届くのを待つだけです。
2度行かなきゃいけなかった理由は、私のせいじゃなくてあっちのせいデス。

f0141507_21514979.jpg

昨日は、チューリッヒのRicoさんのところで、友人2人と一緒にベトナム料理を習って来ました。
スープも作ったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。
とっても美味しかったので、家でもぜひ作ってみようと思いマス!

ところで今、とっても久しぶりにネットでベルリンのRadio Einsを聴いています。
懐かしい~~。
こういうドイツ語聞いてたら、語学も上達するんですよね。
ちなみに、Radio Einsのドイツ語はベルリン語(方言)とは全然違いますよ。
喋るスピードが速いのは、ベルリンらしいですけど。
そういえば、職業訓練校の先生の話すベルリン語が早くて聞き取れなくて苦労したこととか、
天井の高い(3,5m彫刻付)キッチンの中でトケイソウに蔦を這わせて育てたこととか、
BIOパン屋の工房で夜中までパンを作ってたこととか、いろいろ思い出して胸が熱くなりますね。

つまり、いろんな場面でBGMとして流れてたのが、このラジオ局の放送だったんデス。
Radio Einsって言ったら、どう考えたってベルリンでしょ?
そして、Nur für Erwachsene っていうスローガンもやっぱりベルリンのRadio Einsで、とーっても有名なもの。

ドイツでも報道されてるのか知りませんが、スイスの駅などで無料で手に入る新聞のもっぱらの話題は、
チューリッヒにもRadio Einsっていうのが開設されて、しかもスローガンまでパクッてるとかいうの。
ネットでRadio Einsって検索したら、世界中にRadio Einsは10あって、ドイツにも2つあるのに、
なぜチューリッヒだけが文句言われなきゃいけないんだ、とかいうのが言い分らしい・・・。
実際、本当にいろいろRadio Einsってあるみたいだけど・・・・。
でも、あのスローガンまでパクッたら、やっぱりヤバイでしょう。
で、ベルリン側から法律に照らし合わせて対処したいみたいな声明出してるらしいです。

ベルリンのRadio Einsを聴いたことがない方だったら、ふ~ん・・・かもしれないですが、
私も思い入れがあるから、やっぱりすごくヤダな~。
久しぶりに聴いてたら、やっぱりドイツ語がしっかりしてて、内容も面白いし、
またベルリンに行きたくなりました。
でも、またベルリンに住みたいかどうかは・・・・・。
こんな田舎に慣れちゃったので、チューリッヒにさえもう出たくなくなっちゃった私は・・・分かりません。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-23 21:52 | スイスの生活 | Comments(7)

ビザの延長

理論の続き、結局書けてなくてスミマセン~。
金曜は1時間早く出勤で、1時間残業だったんで、も~疲れちゃって・・・。
今日もお客さんが来てたりして、なんだか忙しく過ぎてしまいマシタ。

ところで、昨日ふと、「あれ?私のスイスの滞在許可っていつまでだっけ??」と思って
確認したら今月末まで!
ひぃぃぃぃぃぃ~~、延長しなきャ。すっかり忘れてました!!
・・・・っていうより、過ぎる前に気づいてよかったデスヨ。
って、「延長申請は2週間前までに」って書かれてるから、すでに遅いこと遅いのですが。

ってことで、書類をダウンロードして書いたり、証明写真を探したり。
一応揃ったかな。
明日は仕事の後に、外人局へ行ってこなきゃっ、デス。
も~、前にやったのは5年前なので、まだまだ~と思ってたら忘れてました。

あと、日本のパスポートも10年モノなので、まだまだ~って思っていたのに、
明日の必要書類のために確認したら、来年の1月で切れるし・・・。
年とると、毎日がどんどん過ぎていくってことでしょうか。

日付確認作業をいろいろしたついでに、
「あ、そうそう。このほとんど使わない携帯の契約をやめようと思ってたんだった!」
と、思って確認したら、時すでに遅し・・・もう更新されます。
あ~~アクドイ!!この契約!!日本もこんなのですか?

5月15日が更新日なのですが、1年契約なんデス。
で、止めたい場合はその2ヶ月前までに通知しなきゃいけないんですって。
そうじゃないと、自動更新されると・・・。
って、またあと1年!!・・・もしくは、違約金払って止めるか・・・も~~。
月々25フラン払うのはもう嫌デス!仕事でドイツへ行く時とかは使うのですが、
それ以外は通話は月1回あるかないか・・・ですよ。
私の携帯番号知ってる人自体、ものすごーい少ないですし。プリペイドにしたいんデス。
このシステムで、あちゃ~~~って思うのも、もう5年目・・・アホですか、ワタシ。

5年と言えば、私のスイスのビザ(滞在許可)は5年なんですけど、
これは夫がEUの人だからで。
夫がスイス人だと、毎年更新なんデスヨ、奥さん、知ってマシタ?
(モチロン、ずーっとじゃないと思いますけど)
今日うちに来てた人(スイス人。奥さんは中国人。)も知らなかったらしく、
「え~?そうなの??彼女のパスポートが中国のせいかと思ってたけど。」って。
「違うよ~、スイス人と結婚してる日本人の友達も毎年更新デス。
 ワタシと同じく、EU人と結婚してる日本人は5年ごと更新デス!」
って言ったら、びっくりしてました。
ま、偽装結婚防止なんでしょうね。

あ、その代わり、スイス人と結婚してたら、5年経てば滞在許可証のCの申請できるんですよね。
EU人が配偶者の人は、フツーの日本人と同じく(変な表現ですが)あと5年かかります。つまり、10年。
でも、C欲しいのかな、私?税金のためとかには便利ですよね。
・・・って、その前に、あと5年もまだスイスにいるってことデスカ?もうそれは勘弁デス~。

ってことで、今日も理論お休みしちゃってスミマセン。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-21 04:42 | スイスの生活 | Comments(0)

プンパーニッケル2

今日もはりきって理論をいろいろ書こうと思っていましたが、
仕事でお疲れ、くたくた。
副シェフのおっちゃんが、ドイツのホッケンハイムリング(サーキット場)へ行っちゃったので
今日は途中からシェフと私の二人だけで、明日も二人なんですよぉ。
ポルシェチームの食事作るんだそうです。ウキウキして出かけていきました。

そういうわけで、今日はランチ(賄い)も食べる時間がなくて、写真もなしデス(涙)。
も~~。立ったままサラダとお肉を食べました。
その代わり、ベジメニューの残りを2人分タッパーに入れて持って帰ってきたので
出張から戻ったダンナとのディナーは、愛のこもった(?)学食の残りデス!楽チン!
ワイルドライスとか赤米の混ぜてあるご飯にペスト風味の野菜カレー。

それで、理論をまったくやらないわけにもいかないと思って、
プンパーニッケルを蒸し焼きにするDampfbackkammerという製法をご紹介します。
とは言っても、実際見たことありません。写真でも映像でも見たことないです。
うちにある製パン理論の教科書や参考書のどこにも写真すらないんデス!
ネットにさえ写真も落ちてないんデスヨ!
ここまでくるとスゴすぎ。秘密なのでしょうか・・・。
出来上がった写真成形してる写真ならみつかりました。
Rohmanns Pumpernickelより。

f0141507_3361710.jpgとにかく、プンパーニッケルはとっても湿度の高い状態で蒸し焼き状態にして焼かれます。
しかも、少し圧力がかかった状態で、100~120度とかなり低温で。
もちろん、それ専用のオーブンを使います。
が、普通のオーブンでもパン型に蓋をして密閉した状態ならできないこともないそうです。
普通のオーブンでプンパーニッケルを焼くためのパン型というのを、
弟子時代のベルリンの職業訓練校の授業で習ったので、ノートに書き写した絵より。
2重の型で間には水を満たすのだそうです。
面白いのは、Rohmannさんのところでも、この授業のノートでも、「Backzeit(焼成時間)」という言葉は使っていなくて、お料理みたいに「Garzeit(火を通す時間)」って単語を使ってるところですかね。

って、とても短いですが、時間切れ。もう寝マス!
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-18 03:38 | パン | Comments(2)