「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:旅行( 9 )

ブレゲンツ 湖上オペラ鑑賞

f0141507_15345794.jpgどうも~、少しご無沙汰しておりました。今年の3月に70歳になったお義父さんのお誕生日に、オペラ「トスカ」のチケットをプレゼントした私達、オペラ鑑賞とその後のスイスでのご接待で忙しくしていました。

さて、初めての湖上オペラは、普通のオペラとは違って「湖上」という場所の利を生かした演出、はたまた新しい技術を駆使した大掛かりな舞台演出がたっぷりで、とっても楽しめました。保守的な義父母のウケが心配でしたが、ブレゲンツの湖上オペラとはこういうもの、と前から知っていたそうで面白かったそうです。ホッとしました~。

屋外での湖上オペラ鑑賞ですので一番の心配はお天気でしたが、8月1日は朝から快晴!この時期ブレゲンツのホテルはどこもとっても高いので、車で15分ほどで着くドルンビルンという隣町に宿を取っていました。お誕生日プレゼントに宿泊も入れていましたので、できればオペラの影響で高騰しまくった部屋は使いたくなかったですからね~。一部屋96ユーロで朝食込み、清潔な可愛いホテルでしたよ。もちろんこれもオペラ期間の特別料金ですけどね。この時期ってボーデン湖畔のホテルはどこも高いんですね。Zum Verwalterというレストラン兼ホテルですが、レストランは高いだけでフツーみたいなコメントをネットで見ますのであんまりお薦めじゃないかも。車がないと不便な場所ですし、7月30日から従業員の夏休みだそうで、自分で鍵を金庫から取り出さないといけなかったりしましたので、英語やドイツ語に自信がない方にはお薦めできないホテルですけどね。

義父母は愛犬クリスピンをオペラ鑑賞の間は車の中に待たせなければいけないので、車内が暑くならないような木陰の駐車場所を確保したいというので、ずいぶん前からブレゲンツへ行くと言いますし、18時30分から夕食を一緒にする予定だったので、私達も18時にはブレゲンツに到着したのですが、オペラ会場に近い駐車場はもうほぼ満車。ギリギリで車を停めることができましたが、21時の開演を甘くみてました~。オペラ会場の近くには特設のおしゃれなレストランも沢山出ていましたので、早めに来てゆっくり食事をするのが一番のようですね。私達はHotel Mercurのレストランで食べましたが、国境の町とは言えスイスとオーストリアでここまで違うか?!と改めてビックリするほど、従業員の教育がしっかりしていてご飯も美味しく値段も妥当で大変満足でした。まぁHotel Mercurといえば、世界中にあるホテルですから無難な味といえばそうなんですけど、私はスイスに住んでいるため外食への期待値が相当低下してますので、こんなことでも大感激できるようになったわけです。

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-08-07 15:57 | 旅行 | Comments(6)

マヨルカ島 ④

さて、だいたいホテルの雰囲気は伝わったと思いますが、あとはノンビリと一日プールサイドやビーチ(浜辺のパラソルと寝椅子は有料)で本を読んだり、サウナに入ったり・・・という過ごし方だったので、あまり詳しく書いてもしょうがないですから、私たちの訪れたポイントなどを記しておきたいと思います。

Der Markt von Alcúdia (アルクディアのマルクト)
毎週日曜日と火曜日の確か13時まで市が出ています。地元の野菜や果物、オリーブなどが美味しそうですが、ホテル住まいだと見るだけで終わってしまいます。アルクディアの町もかわいいので、半日のんびり散策するのには良さそう。ただ、遺跡は日曜日は閉まっていました。

マヨルカ島はアーモンドでも有名ですが、そのマルクトで買ったアーモンドは、形は平たく、皮が少しザラっとしていて、独特のバターっぽい味がし、時々ふとマジパンのような香りがしたりも(青酸がかってるってことで、実はやばい?)して美味しいです。ということで、ビターアーモンドの割合が高くて(普通は2%前後)、何度か吐き出してしまうほどでした(やっぱりちょっと体に良くないかもですよねぇ)。でも、意外にもスイスのミグロで売られているBIOアーモンドは、このマルコナ種です。ミグロで売ってる分は、苦いのには今のところ当たってません。たま~~に、ふわっとビターアーモンドの香りがするのは混じってますが。

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-27 18:11 | 旅行 | Comments(4)

マヨルカ島 ③

プールで少し泳いで、身支度を整えてから夕食へ行きました。席が一応決まっているようなので、案内してもらって行くと、シュヴァーベンのRavensburgから来てるご夫妻と相席でした。まぁ、なんて奇遇!マイスターコースのクラスメートで今、同じツークに住んでいるIさんも前はRavensburgに住んでたんですもん。「〇〇っていうパン屋ご存知ですか~?」なんて聞いたら「あら、Ravensburgに来たことあるの?」なんて驚かれました(笑)。とても感じの良いご夫婦だったので、相席でも全く問題なしでした。でも、彼らは今日が最後なんですって。え~、せっかくお知り合いになれたのに残念。明日からはどんな人が来るのでしょう?

そして、夕食ですけど、ビュッフェと聞いて侮るなかれ。これが豪華で美味しいものづくし。前菜には茹でた海老やら、マグロのカルパッチョやら、はたまた生ハムやらスペインらしいものと、魚介類が苦手な人向けのものがちょうど良い具合にありますし、スープだってガスパッチョもあれば、シュパーゲルのスープもあります。メインにはお魚もお肉もそれぞれ3種類以上は常にありました。サラダバーも大きく、炭水化物もパエリアあり、スパゲティあり、ブラートカルトッフェルン(日本でいうジャーマンポテト)ありで、本当に選ぶのに困っちゃうほどいろいろあります。20時から食べてるってことと、これから一週間チャンスがあるのだから、あれもこれもと取り過ぎてはいけない!と思って腹八分目に美味しく頂いて、デザートにはフルーツを食べてご馳走様にしました。なのにダンナは目移りしちゃって、食べすぎ・・・・デザートにもアイスクリームをいっぱいとってきちゃうし・・・。そうなんです、デザートもシュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテなどケーキもあり、アイスもあり、はたまた年配の方々はいろいろ食べ物の制限のある人もいるからか、お米のミルクで作ったアイスやムースなどもありました。

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-26 17:46 | 旅行 | Comments(0)

マヨルカ島 ②

パック旅行サイトで、日程、泊まりたいホテル、宿泊条件(海側の部屋か、食事はどうするのか)等を決めると、一番条件にあったツアーをやっている旅行社とお値段が画面にでてきます。私たちは、7日間海側ではない部屋で(それでもベランダからは①に載せたような景色が見えます)朝食・夕食付き(Halbpension)というのにしました。フライト・7日間のホテル滞在(一日二食)・送迎がついて一人676ユーロ(約11万円)也。オーダーメイド旅行よりずっと安い!

サイトのどこを見ても、空港からホテルまでの送迎があるのかどうなのか書いておらず、レンタカーを借りるべきなのかが分からなかったのですが、ビーチやプールサイドでノンビリするのが目的なのに、1週間分あまり乗りもしないのにレンタカーを借りても・・・って気もし、いざとなればタクシーに乗ればいいや、ということでレンタカーは予約しないことにしました。

さて当日、チューリッヒからマヨルカ島への飛行機は、Air Berlin。先日ベルリンへ行く時にも使った格安エアラインですが、サービスは悪くありません。飲み物もスナックも無料で出るあたり、スイス(航空)とかよりよっぽど良いのではと思います。ベルリンへ行った時は、行きはフォルコーンのパンのサンドイッチ、帰りはラオゲンのパンのサンドイッチでしたが、マヨルカ往復はパサパサしたパンの三角サンドイッチ。これが配られる場合のお薦めは絶対にハム!!チーズかハムか聞かれますけど、ハムの方がまだマシなんですよ~。持参した小説を読みつつ、サンドイッチを食べてると、もうすぐ着陸準備に入るとのアナウンス。めっちゃ近い!離陸して1時間ぐらいですもん。こんなにすぐに着く場所でバカンスできるなんて、結構それだけで嬉しい!!

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-25 17:10 | 旅行 | Comments(0)

マヨルカ島 ①

今夜はWetten dass...?(ヴェッテン・ダス)がマヨルカ島からの放送とのことなので、一ヶ月前に初めて行った、マヨルカ島旅行について書いてみたいと思います。その前に、Wetten dass...?とは何かというと、年に4-5回ドイツ語の国で放送される25年以上続く人気番組で、司会は巨人トーマス・ゴッチャルク、毎回いろんな違った街でステージが組まれます。内容は、Wette(ヴェッテ。賭け)とタイトルにつくとおり、有名人ゲストが司会者とのトークの後に、自分はこんなことができるんです!という挑戦を披露する一般人に対して、本当にできるかできないか賭ける番組。ドイツのWikipediaで紹介されている過去の素晴らしい挑戦内容を一つご紹介してみると、1987年2月の放送では、「車で400mの距離を走りながら、その間に一つタイヤ交換をする」というのがあったそうです。車はもちろんできるだけゆっくり、片方に傾かせて2輪で走らせた状態でタイヤ交換したそうなので、きっと隣で同じスピードで走る台車かなにかに乗りながら作業をしたのではないでしょうか。

話が最初からすっかり逸れまくってますが、マヨルカ島といえば、ドイツ人が死ぬ前に一度は行くべきと言われているところ。うちのドイツ人(ダンナ)はまだ行ったことがなく、パック旅行といえば、10年前日本に住んでた頃に二人でバリ島へ行ったっきりで、それ以来どこへ行くにも自分で、もしくはオーダーメイドで飛行機とホテルを別々に探して予約して・・・とやってたのですが、なんだかそれが煩わしく思えてきてしまって(年のせい?)、めちゃくちゃ久しぶりにいろいろお任せできちゃうパック旅行にしてみよう、それならドイツ人の定番、マヨルカ島がいいだろう、ということで行ってみたのですが、これが良かった!ドイツ在住の人には、「マヨルカ島」と聞くと、バケツからサングリア飲んじゃってるようなバカ(ワカ)者の集まるバラマン6の映像が頭に浮かんじゃうかと思うのですが、実は見所いっぱいの美しい島でした。それにパック旅行も気楽でいいし、本気でまた来年も行きたいと思っています。
f0141507_18314342.jpg


More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-23 19:24 | 旅行 | Comments(4)

ベルリン ④

KaDeWeを出て、新しい中央駅を見に行きました。私の最寄駅だったベルビューとフリードリッヒ・シュトラーセの間にあって、3年半住んでた間にその駅で誰かが乗降したのを見たのは片手で数えられるぐらい・・・っていうほど、毎回停車する必要あるの?って感じだった駅が大改築されて中央駅になっちゃってるのですが、想像していたよりずっと巨大でビックリしちゃいました。だって、高架の上にも地下にも電車が走ってるんですもん!・・・私が田舎者なだけかも!普段から都会に住んでる人には、そんなにビックリじゃないかもしれません。

夜はの中華を食べながら、懐かしい友達たちと会うことになりました。5年前まではトントンっていう中華が美味しかったのですが、オーナーが代わって不味くなったそうで、今の一押しは、中国大使館前だそうです。さすが、大使館前ってこともあり、従業員の教育も徹底してるのか、ドイツ語もマナーも完璧。日本の中華でも最近はつっけんどんなのが多いなか、こんなの久しぶりです。肉まんも餃子も皮から手作りという感じなのに、プロっぽい仕上がりです。大使館ご用達のために、腕のいい人を揃えてるんでしょうかね。

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-17 01:15 | 旅行 | Comments(17)

ベルリン ③

週末の朝は、友人が自宅のオーブンで焼き上げるタイプのフランス風クロワッサンや小型パンなどを焼いてくれたり、前日に私が元職場で買ってきた全粒粉のパンやレモンケーキなどなど、美味しいパンとジャムやハムなどがいっぱいの、典型的ドイツ風朝食をゆっくり食べました。

クロワッサンって結局、折り込むバターと生地の温度が一致してないと美味しく作れないので、ぶっちゃけた話、機械で作られたものの方が美味しいんですよね。味覚は人それぞれですし、機械で作ってても焼き上げ方が下手なら不味くなっちゃうので、断定ではないですけどね。でも、手作りにこだわって自己満足の押し売りされるのが一番やっかいですよね。もちろん、職人として一応ちゃんと手作りの方法を習ったことがあって、知識があることは大前提ですけど。

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-16 18:24 | 旅行 | Comments(0)

ベルリン ②

元職場を後にした後は、ハーケッシャー・ホーフの辺へランチを食べに行きました。昔に比べて駅前のカフェが増えましたね。昔はまだまだ寂しい東っぽい雰囲気の残る場所だったのに。お昼を食べたベトナム料理に限らず、ベルリンのお店で働いてる人は、若いイキイキした人がいっぱいですね。他の世界の有名都市と比べて家賃も安いのだと思いますが、観光客も多いのでアイディアと中身がよければ成功し易いでしょうね。

あれ?今までの私とベルリンに対する意見が全然違うじゃない?ってビックリしてますか?私もベルリンに5年ぶりに行ってビックリしちゃったんですよ。魅力的な街に変貌してました。人も街も印象って変わるんですね。小学校の時、クラスの後ろに貼られていて暗記させられたのが、平家物語の第一句。スイスの新聞やテレビを見てると、よく思い出す文章です。文学のある国に生まれてよかった。私も肝に銘じて謙虚に精進しなきゃいけません。

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-15 21:25 | 旅行 | Comments(5)

ベルリン ①

ダンナの出張にくっついて、5年ぶりにベルリンへ行ってきました。
格安エアラインの、Air Berlinを利用して。
Air Berlinは別にベルリンだけと各都市を結んでるのではなくて、先日はチューリッヒからマヨルカ島へもこの飛行機で行きました。ドイツ語圏の国からヨーロッパ各都市に格安で飛べるんですよ。

2ヶ月前に予約したので、往復で84ユーロ(約13000円)で、飲み物もサンドイッチも出るし、快適でした。日本の格安エアラインと同じで、空港での扱いはまだまだ格下って感じらしく、どこの空港でも不便な一番端っこのゲートなどがあてがわれてしまってて、本当に気の毒です。正直、ルフトハンザの次ぐらいに、お客さんは多いはずだし、空港を沢山利用しているのにね。

More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-06-15 15:21 | 旅行 | Comments(2)