カテゴリ:政治のおはなし( 5 )

不要なダム建設から子ども達の故郷を守ろう!

Facebookのお友達経由で知りました。

私の母の故郷、長崎は山あり海ありの素晴らしいところです。「引くことができない」とかそういう意味のないことで、取り返しのつかない工事をやるなんて狂気の沙汰です。

「長崎県と佐世保市が、同県東彼杵郡川棚町に強引に建設を進めようとしている「石木ダム」。
ご多分に漏れず、このダムも利水、治水において全く必要性がないことが明らかにされています。 
しかしながら引く事ができない県と市は、この掛け替えのない豊かで美しい地に「自然を守り古里に住み続けたい」と願い暮らしている方々の土地を強制収用し、ダムの底に沈めようとしています。
必要のないダム建設を撤回させ、強制収用をさせないため、故郷を未来に繋ぐために署名にご協力ください。」

「不要なダム建設から子ども達の故郷を守ろう!」

そして、4月30日、スイスの一流紙NZZが、ついに石木ダム問題を報じました!
https://www.nzz.ch/international/aufstand-im-tal-der-gluehwuermchen-ld.1289419
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-05-10 05:32 | 政治のおはなし | Comments(0)

びっくりしたなぁ、Brexit

まさかの英国国民投票の結果以来、ネットでいろんな記事やコラムを読むけど、

「イマイチなんかちょっと違うような気がするんだよな~~~」
「マスコミやジャーナリストがまた他人の不幸をネタに盛り上がってる?」
的なものも多く、
またイギリス在住の方の日記などもなるほど~と思うことはあっても、
やはり当事者すぎて、大きな視野から見てないような気もしていました。

いえ、私自身が知りたいと思って探してるんですから、偉そうなことは言えないんですが、
でも、なんか私の理解や気持ちに全部が全部ストンと入らないのです。

でも、ふ~、今やっと落ち着いた。
Brexit関連の記事で私自身がしっくりするもの発見。
とりあえず、今後もこの人のコラムだけ読んでれば私はBrexit関連の情報インプットは安心かな。

「英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす」

「【論点整理】英国EU離脱決定後の世界」
[PR]
by deutschebaeckerin | 2016-06-27 16:09 | 政治のおはなし | Comments(0)

在外投票しました!

前の日記から2週間も経ってしまいました。
毎日毎日とっても忙しくしていて、ブログを書く時間が本当に取れません。
妊婦だというのに毎日睡眠5時間(前より更に減った・・・)ですが、
気持ちの良い天気のおかげか、作りたて野菜ジュースのおかげか、
ここ一ヶ月ぐらい和食ばかり作って食べてるのがいいのか、とにかく体の調子はとっても良いです。

いーたんの成長の話も書きたいのですが、いよいよ投票日も迫ってきたので違う話を。

わたくし、在外生活も、もうすぐ12年。
私も今回はじめて、海外から一票を投じさせていただきました。

在外選挙人名簿に登録したのがおととしで、
去年は初めての育児と職場復帰でてんてこまいで、それどころじゃなかったのですが、
今回ばかりはもう、日本の政治を外から見てて、心がここまでざわついたのは初めてで、
もう絶対この一票を投じなければ~と思って。

日本の地元選管に在外選挙人カードみたいなのと申し込み用紙を郵送して、
投票用紙を送ってもらうってことで、スイス→日本→スイス→日本と郵便がいったり来たり。
最初は11日に間に合うの~?と思いましたが、日本の選管から届いた投票用紙にびっくり。
速達の書留みたいなので来るのですねー、送料1500円もかかって。
一票の重みを感じました~。

私の選挙区は投票したい人がはっきり居たのが幸いでした。
ネットでその人の立候補会見のお話を聞いて、もう絶対この人以外ない!って思うほど。
投票する気まんまんでも、誰も入れたい人がいないーーってなると悲しいですもんね。

まだ誰に投票するか決まっていない方、比例でどの党を選ぶか決まってない方、
誰がなっても同じ・・・・なんて思っている方、それでも今回だけは絶対選挙に行ってください!
そして、民主党には入れないでください、お願いします。

はやぶさ予算もいったいどうなったのでしょう?
麻生政権で17億円だったJAXAの予算が、鳩山政権では5000万円になり、更に事業仕分けで菅政権でたったの3000万円になり、その後のはやぶさ帰還で、菅首相や閣僚から後継機「はやぶさ2」の開発予算拡充に前向きな発言が相次いでいましたが・・・?

スーパーコンピューターについても蓮舫議員「2位ではいけないのか」だし、日本の科学技術をなんだと思っているのでしょう?技術立国日本の将来が心配になりますよね。

それから、参院選で民主党が過半数を取ったら、前国会でやったような、強行採決の連発をするでしょうね。
特に、外国人参政権について、強行採決なんてされた日には、もう取り返しがつきません。
子供手当て等もひどいですが、将来始めてみて問題が出てきたからって、やっぱり凍結とか、権利を取り上げるとか、無理なんですよ。
前にも書いたとおり、こういう大事なことは国民に広く知らせて議論を尽くした上で決めるべきこと。

私が家事をしながら毎週聞いている、関西テレビのスーパーニュースアンカーの青山繁晴氏のコーナーです。是非、投票する前に見てください!

2010年7月7日放送の 「スーパーニュースアンカー」 3/7
" target="_blank">

2010年7月7日放送の 「スーパーニュースアンカー」 4/7


2010年7月7日放送の 「スーパーニュースアンカー」 5/7

[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-07-09 07:03 | 政治のおはなし | Comments(7)

子ども手当て

今日は住民に無料で配られる新聞に、ツーク州のベビーブームについての記事がトップで載っていました。
ツーク州はスイスの中でも出生率がダントツに高いのですが、
去年ツークの二つの産院で生まれた赤ちゃんの数は、1306人で過去最高なのだとか。
もちろん、いーたんもその中に入ってます・・・・
私は日本のベビーブーム世代で苦労し(1973年生まれ)、
ダンナもドイツのベビーブーム世代(1968年)でこれまた苦労した人間なんですけど、
いーたんもスイスのベビーブームに思いっきり乗ってしまうとは!!
人に揉まれ、競争にさらされて、たくましい人間に育ってもらいたいものです。

ところで、日本は少子化対策の一つとして「子ども手当て」という政策がありますよね。
これについては、もらえる家庭は素直に嬉しいとは思いますし、
ドイツやスイスにも似たような手当てがあり、発想自体は良いものだと思っています。
ただね、財源はどこなんですか?誰に配るんですか?などなど、しっかり議論しないまま
単に選挙で勝ちたいがためのバラマキってところに、不幸の根源があり、
知れば知るほど将来のことが不安になり、本当に悲しくなってきますね。

皆さん、ご存知ですか~?
「子ども手当ては、国民の税金の世界へのバラマキ」だってこと。

例題1
日本に出稼ぎに来ている外国人のお父さんがいて、本国に3人の子どもがいます。
このお父さんは子ども手当ての支給を受ける権利がありますか?
また、もらえる金額はいくらですか?

例題2
親子3代で暮らしている田中さん一家には14歳の息子さんがいます。
田中さん夫婦が学術研究のため、海外に1年赴任することになりました。
息子さんは高校受験があるため、祖父母とともに日本に残り、ご夫婦だけが海外へ行くことになりました。
田中さんは子ども手当てをもらえますか?

回答1
はい、日本に居住しているためもらえます。
ひとりあたり毎月2万6千円、子ども3人なので、一年間で93万6千円もらえます。
本国に3人子どもがいるというのは、市町村レベルで行う「養育の実態調査」で証明します。

回答2
子どもが日本に住んでいても、親が外国に住んでいるのでもらえません。

えぇ???じゃないですか?
なんで、外国在住の外国人の子どもにまで子ども手当てを??
スイスでもドイツでも、「国内在住の子ども」という制限はしっかりついていますよー。
100歩譲って支給するというのに仮に同意してみても、子どもの数の確認の仕方をしっかり徹底してほしい。
各国の出す書類なんていろんな言葉で書かれていてあてになりませんから、少なくともアポスティルは必須でしょう。

ちなみに、児童手当はすでに海外在住の子どもももらっているそうで、
東京都荒川区だけで、
児童手当外国人受給者の海外別居監護(海外に別居しているが扶養されている状態) の総数は、124人だそうです。
この子たちの子ども手当ての予算は、平成23年度で5000万円だそうです。
荒川区だけでですよ~~!!

(友人談)
ここでキモは『外国在住の子供でも』ってこと。

そんなのは狂気の沙汰で、ドイツならトルコ移民が『うちには自国に10人子供います』って自己申告すればいいだけで、フランスなら『うちは、北アフリカ地域に子供が20人』、スイスなら『うちは、東欧に子供30人』。。。って、できるってことで、これこそが、移民で悩む西ヨーロッパ諸国なら、なにをおいても回避したいもの。家族をドンドンスイスやドイツ、フランスに呼び寄せるのにも、大変神経を逆立てているのが実態だしね。

~~~~~~~~~~~

事業仕分けとかぱっと見節約してるようなパフォーマンスにだまされないで、
こういう変な税金の無駄遣いにもっと批判が出てもおかしくないのに、
なぜ日本のTVでは全然報道されないんでしょうね。

うちはいーたんが生まれて家が狭くなったので、テレビを捨てたのですが、
時間の無駄遣いもなくなり、家も静かでいいですよー。
日本のニュースは偏向報道ばかりで、日本の将来が危ういことを一切報道しないし、
本当にテレビなんて捨てた方がいいですよ。
代わりにネットでニュース読んで、自分の頭で考える時間をとったらどうでしょう?
[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-03-11 20:20 | 政治のおはなし | Comments(24)

政治のおはなし

前回に引き続き、パンや料理の話じゃなくてすみません。
それぐらい、遠く外国より日本のことを心配しているんです。
日本に住んでる方々の方が危機感が薄いのが不思議なぐらいですが、
あまりメディアで報道されてないと聞き、少し納得です。

今日は友人より、「外国人参政権に反対する理由」というリンクを教えてもらいました。
とてもよくまとまっているので、ぜひ読んでみてください。
箇条書きの部分のみ引用させていただきます。

①完全に憲法違反である。

②日本国の運命や未来に責任を持つ必要のない外国籍者が、国の運命や未来を左右することになる。

③議員の選出への干渉を許すことは、「全ての議員が日本の国益に立って議論するという前提」を崩す。

④地方政治は国政と不可分であり、地方参政権に限定したとしても危険である。

⑤民主党が法案を提出した動機が、日本国民からではなく「外国人からの要請」に基づいている。
 民主党の小沢一郎幹事長は、外国人参政権は「韓国側の要請」であると2009年11月16日の記者会見で
 認めた。また、2010年1月12日には赤松農水相も、去年の衆院選で在日本大韓民国民団(以下、民団)
 からの支援を受けたことを公の場で認め、外国人参政権は「民団との公約」だとしている


⑥領土問題や安全保障問題など「当事国同士では利害が一致しない議題」に干渉可能になる。

⑦国家の形を変質させかねない法案であるにも関わらず一切民意を問うていない。
 確かに国民は先の衆院選で民主党に多くの議席を与えたが、国民に何の問題提起もせずに好き勝手に
 やっても良いという“白紙委任状”を与えた訳では断じてない。そもそも外国人参政権に関する文言は
 去年の衆院選のマニフェストから事前に削除されており、多くの日本国民には政権選択の判断材料として
 知らされていなかった政策である
。民意を受けた法案ではない以上、外国人に参政権を与えるこの法案が
 「日本の参政権を元から持っている日本人にとって何のメリットがあるか」を今からでも示すこと、
 そして、この法案で生じるデメリットについても国民の前で充分に議論することが最低でも必要である。

⑧海外には既に外国人参政権が自国益に反する結果を招いた先例がある。

⑨海外でも外国人参政権を認めた例は少数。

⑩日韓で外国人参政権を与え合うことを指して「互恵主義」というのは現実を無視した欺瞞である。

⑪納税や基本的人権を根拠にしようとする者もいるが、どちらも参政権には直接の関係はない。

⑫在日韓国・朝鮮人には二重選挙権の問題もある。

⑬一つの段階を踏めば、要求は発展する。

⑭参政権の場合、(経済などの法とは性質が異なるため)後世に誤りに気付いたとしても撤回は困難。
 一度でも参政権を与えれば該当する外国人は「有権者」になるため、たとえば何らかの経済政策のように
 法案の施行後に方針の間違いが発覚した場合でも、撤回、修正などの調整が不可能に近いことが
 海外の失敗事例からも明らかである。それほど重大な問題に対する決断にも関わらず、国民的な議論が
 ほとんど行われないまま法案が通されようとしていることは民主主義にあるまじき不遜な立法過程である。
 こうしたことを国民に議論を惹起しようともせずに決定すれば、間違いなく将来に遺恨を残すだろう。

⑮帰化すれば参政権は自動的に得られるので、現状で問題ない。
同法案で最も多く(過半数より遥かに多い割合で)恩恵を受けるのは中国人と韓国人である。
 現実問題として、彼らの民族的な感情が日本に対して敵対心剥き出しである現状では、共生社会という
 聞こえのいい大義名分は彼らの国益を達成するための方便に過ぎず、本来は「日本国民の利益」を代弁
 するべき立場であるはずの「日本の国会議員」が提案すべき法案とはいえない。
 参政権とは国のかたちの根幹に関わる重大事項であり、在日外国人が「日本人としての国民権利」を
 得たいと思うならば日本国籍になる他にないのが当然である。在日外国人が、日本よりも母国に対する
 忠誠や民族のプライドを優先させたまま、かつ、外国籍のまま「日本人と同等の権利」を得たいという
 過大な要求は容認できない
。そもそも日本に帰化すれば日本の参政権は得られるのだから、もし外国人が
 これに類する要求を出すならば「外国人参政権」ではなく「帰化条件」についての議論をすべきである。

リンク先には箇条書きの下にそれぞれ理由をもっと詳しく書いてあります。ぜひご覧ください。
危機感を持たれた方、ぜひご署名&お知り合いにこのニュース・署名のこと等をご拡散ください。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-02-12 21:54 | 政治のおはなし | Comments(14)