カテゴリ:お菓子( 9 )

今年のシュトレン

12月21日の夜、やっと今年のシュトレンを焼きました!
一時期、シュトレンの作り方を教えていたことがあるので、その時のレシピと作り方を出してきてその通りやれば、何も考えなくても、間違いなくできる!
頭も体も疲れている時に、こういう準備があると本当に楽です。
一度作っておいて良かった~。
f0141507_1261177.jpg

同じように、コナ・キュッヘ(会社)のいろいろなこと、レシピだけじゃなく文章として表現しておくと、ブランクが空いた場合や誰かに教える時のストレスがすごく軽減されそう。

今日はチューリッヒのクリスマス市に今シーズン最後の配達をしたついでに、工房に寄って、大家さん一家にも一年のお礼としてプレゼントを渡してきました。

チューリッヒでも2件プレゼントをお渡しして、今年の営業終了!
チューリッヒ市内をあちこち車でまわるのは、ストレスフルなので、駐車しやすいところにおいてあとはトラムであっち行きこっち行き。


みちえって運転ちょ~苦手だったよね?って気づいてる、あなた!
はっはっは!
あんなに運転を怖がっていた私、いまだに新しいところは不安いっぱいですが、自分の会社となると、怖い!なんて言っていてはしょうがないですからね。

今ではチューリッヒにも、ダボスにも、バーゼルにもベルンにも、はたまたゴッタルド・トンネル通ってイタリア語圏までも、一人で行っちゃえるようになったんですよ~。
でも、やっぱりトラムががんがん走ってるチューリッヒが一番怖い・・・・。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2016-12-23 01:29 | お菓子 | Comments(5)

森さん発見!!

きゃ~~~!昨夜はびっくりしました!
ベルリン時代のお友達で、連絡が途絶えてしまっていた森さんをネットで発見!!
今までも何度か検索してみたりしていたのだけど、昨夜はどんぴしゃ!でヒット!!!
京都に戻ってバウムクーヘンのお店をされているそうです。
「お問い合わせ」ってとこにメールを書いたら、
「ひゃ~~~!みちえちゃん!!!!めっちゃ嬉しいやん!!」って即効返事がきました。

ズーセス ヴェゲトゥス


なんだか今年は1月からついてることだらけ。
パンの道が私を呼んでるのかしらってぐらい。
久々にヴァインハイム(ドイツの国立製パン学校)の翻訳もさせてもらって、B&Cの連載も始まりました。

来月母が日本から来るので、森さんのバウムクーヘンを持ってきてもらいます。
懐かしいわぁ~。




f0141507_19592011.jpg
関係ないけど、ゆーくん1歳の一升餅の写真など。(どっかで見せびらかしてみたかったの)
いーたんにはスイスの旅館「うさぎ山」さんのお座敷でお食い初めしたのだけど、
ゆーくんのお食い初めはうさぎ山さんの冬季休暇と重なり、
それじゃ一週間後の日本帰省の時に日本で・・・・と思っていたら震災と原発でキャンセル。
何もしてやれなかったので、1歳の誕生日は一升餅を作りました!
字まで入れちゃって、我ながら素晴らしい出来。ちなみにゆーくんのセカンドネームは「あきら」なのです。
これをリュックに入れて背負わせてハイハイさせました。
転ばなければわざと転ばすんだとかダンナが職場で話したら、「幼児虐待!」と語り継がれているそうです。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2012-01-30 20:00 | お菓子 | Comments(2)

クーヘンクラブ

f0141507_19413061.jpg
夫の会社にはクーヘン・クラブなるものがあって、毎週金曜日は、部署の片隅のコーヒーコーナーで自作ケーキでコーヒータイムをすることになってるそうです。

「皆で持ち寄り」ではなく、毎週誰かが担当になって、全員の分のケーキを焼いて(買ってもいいけど量多いし高いよ)もって来るそうです。夫はミーティングが多いため、ほとんど参加することはないのだそうですが、部署にいる以上、一年に最低一回はケーキを持ってこないといけないとか。先日もコーヒーコーナーを通りかかっただけで、呼び止められ、「まだカレンダーに名前書き込んでないでしょ?早くもって来る日決めてね!」と言われたとか・・・・(笑)。

そういうわけで、先週の金曜日に夫が担当になることになりました。
っていうか、夫は運ぶだけで、私が焼くんだけど。
皆さん、だいたいパウンドケーキが多いそうなのですが、私は根が生地捏ね得意なパン職人なので、イースト生地のケーキの方が簡単だし好きなんです。それに、スイスではイーストの天板ケーキはほとんど知られていなくて、まぁ、珍しくていいかな、とも思いますし、ドイツ人の同僚の受けがとてもよさそうなので、「りんごのシュトロイゼルケーキ」と「ビーネンシュティッヒ」を作りました。

うちにある、35cm×40cmの天板2枚。職場ではもっと大きな天板で時々作りますけど、狭い家のキッチンで作る量としては珍しく多いし、使う材料も家庭用のバター(250g入り)が3個以上必要だったり、うわ~量多いわ~なんて思ってしまいました。職場だとバターも1キロブロックを使うので、量の感覚が別だったりするんですよね。ま、今の職場はキッチンなので、バターも1キロブロックですが、パン工房ではバターは12,5キロが1単位でダンボールに入っていたりするので、キッチンで働き始めた時には、「わ!小さい」なんて思ったりもしたものです、多い少ないなんて、人の主観は時と場合でこんなに変わるものなんですね。

さて、ケーキはおいしく出来ました。職場でも好評で、一つも残らずに天板だけ家に戻ってきました。一切れずつ自分用に取っておいて良かった~。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2010-02-27 19:45 | お菓子 | Comments(24)

テーゲベック

ダンナが会社に持っていくからってことで、テーゲベックを沢山焼きました。
沢山と言っても、サイトに載せているレシピ1単位だけですけどね。

ココアの2色クッキー
抹茶の2色クッキー
ハイデザント
ビターチョコ&ローストアーモンド入り
ドレンチェリー入り
レモン風味
シナモン&あられ糖
シュピッツブーベン

缶に詰めてみると、意外と少ないもんですねぇ。
面倒かと思っていましたが、楽しくすぐにできてしまいました。
もうすぐアドベントも始まりますし、また作ろうと思います。

・・・実はこの日記、最初はかなり長かったのです。
写真を拾う時にブラウザが落ち、書いたものがぜーんぶ消えてしまいました。がーん。
書き直す気もすっかり失せたので、今回も短くて失礼しまーす。
f0141507_18563741.jpg

[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-11-23 18:57 | お菓子

ダンプフヌーデルン

こちらはまたまた連休でございます。
先週はソロプチミストの会合が連続であって、ちょっとクタクタでした。
ということで、ウォーキングしたり水泳したりする以外は、たまった家事をのんびり片付けるだけの連休となっております。

ソロプチミストというのは、世界中にある団体で、「実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際ボランティア奉仕組織」ということで、女性版ロータリークラブとかライオンズクラブみたいなものです。お義父さんはロータリー、叔母さんはソロプチミストのドイツおよびポルトガルで大活躍の女性・・・ということで、私も誘われました。で、何度か会合に参加して、晴れて来月入会になるようです。が、がんばりまーす。・・・まず、スイス語・・・ちょっと真面目に勉強しないと、言ってること全部聞き取れまセン!(涙)

f0141507_5181922.jpg


ところで、写真は職場のシェフ作ダンプフヌーデルン。私は蓋つきフライパン(か鍋)で作るのですが、シェフのはオーブンで仕上げるタイプ。これは学校の生徒さんの夕食(おやつみたいな夕食ですけど)になるものなんですけど、私も食べたい!!と言ったら、うち用にグラタン皿に用意してくれました。ソースやカスタードクリームも袋に入れて密閉してもらったので、私も夕食の準備な~し!!で楽チンでした。

もらってきてそのままだと過発酵しそうだったので冷蔵庫に入れて置いて、もらってきたソースをかけて140℃(熱風)のオーブンで45分。カスタードソースを温めて、前日作っておいたルバーブのコンポートも添えていただきました。温かい柔らかい菓子パンという感じでとっても美味しかったです。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-05-12 05:20 | お菓子 | Comments(3)

トルテ

f0141507_3555085.jpg

祝日を利用して、ドイツ&フランスへ小旅行して、
ドイツの黒い森でケーキとシュパーゲルを食べまくってきちゃいまシタ。

黒い森にちなんで、シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(黒い森のケーキ)も
と~っても美味しいのを2回食べたのに、写真を見ていたらまた食べたくなっちゃいました。
それぐらい美味しかったんデス・・・じゅるっ。

特に2軒目のが、クリームが軽くてキルシュのアロマもちょうどよくて、さくらんぼのフィリングはわずかにシナモンが効いてて(でも、くどくない)、スポンジもふわふわで、いくらでも食べられそうでした・・・ごらんのとおり、ものすごい大きいんですけどね。

連休中に誕生日があったので、今日は久しぶりにビーネンシュティッヒを2台焼きました。
大きいほうは明日、職場にもって行きマス。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-05-05 04:09 | お菓子 | Comments(14)

世界記録に挑戦

さきほど、ツークの隣町カームの広場で、ギネスに挑戦!というのを見て食べて来ました!
それは、これ。
何か分かりますか?
普通は、生地60g+フィリング60gでやるので、一個120gぐらいのものなんですよ。
f0141507_18331829.jpg


More
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 18:58 | お菓子 | Comments(4)

今日も焼いちゃった

職場のデザート用のケーキは追加で焼かずにすんだのですが、
私のシュトロイゼルクーヘンは、大変ご好評いただきまして、
学食のランチ開始は11時半なのですが、12時過ぎには全部なくなっちゃいました。
フルーツとどちらか選べることになってるので、
ケーキは60人分用意しておいたんですけど・・・。
それにしても、昨日言ってた8人分取り置きっていうの、ドイツからの来客用だったんですって。
がくっ!
ドイツから来た人にあれ出しても、「へ~、ドイツと一緒デスネ!」ってオチじゃないデスカ!

で、家に帰ってからが忙しかった~。
まずはミグロへ週末の買出しへGO!デス。
今日は全商品10%引きでしたからね、
なんかこういうのって、闘志をかきたてられます。

主婦はバーゲンに出ると7人の敵がいるので(?)、戦ってきまシタ!
というのは大げさですが、無駄に買ってもしょうがないので、
ちゃーんと月曜日から何を買うべきか対策を練っていたのデス!
普段ぜったいに値引きにならないもの(粉各種など製パン製菓材料)を中心にゲット!

f0141507_6395158.jpg


それから洗濯しながらアイロンもかけ、ツォップフとシュトロイゼルクーヘンを焼きました。
ケーキは結局、ルバーブがなかったので、りんごで。
昨日、職場で作ったようにりんごは千切りにしたのをたっぷりと敷いて焼きました。
今度レシピのところにも、りんごのを載せましょう。
一部は上の階に住む未亡人のおばさんにお裾分けしました。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 06:41 | お菓子 | Comments(4)

パウンドケーキ

f0141507_21215959.jpgパン職人の私が作ると、全粒粉パンにしか見えませんね。
でもこれ、実はアーモンド粉入りチョコレートパウンドケーキ。

今の職場にいる職業訓練中の女の子と一緒に、
学校で出す午後のおやつを作ってみることになりそうで、
しかも「パウンドケーキ」とシェフから言われたので、冷や汗・・・。

だって~、私、パン職人でお菓子は苦手なんですもん。
それでもマイスター試験で相当作ったので、ジェノワーズは、まぁ心配はありません。
でも!パウンドケーキは自分自身ほとんど食べないこともあって
一年に一回作るか作らないか?・・・一回も作らない方が多いでしょう!というぐらい。

心配だったのでちょっと作ってみた次第です。
お菓子の専門家じゃないし、なんとも批評しにくいのですが、
結構うまくできました!美味しいし、こんなもんでいいかな?
先ほどキャロット・パウンドケーキも焼いてみましたが、こちらもなかなかの見た目。
ふぅ~~安心しました。
明日、職場にもってってシェフに食べてもらってみます。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-03-09 21:25 | お菓子 | Comments(6)