「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:はまりもの( 5 )

【追悼】ジョージ・マイケル

f0141507_19431876.jpg昨夜、ドイツの義父母宅から戻りました。
前回のクリスマスの記事を書いたあとに、ジョージが亡くなったという速報を読み、信じられないままドイツへ出発。道中、ラジオで流れる曲はジョージ・マイケルの曲ばかり。80年代に10代を過ごした人なら好き嫌いに関わらず、また洋楽に当時興味がなかったとしても、ワム!の曲を耳にしたことのなかった人はいないでしょう。

私は洋楽を聴き始めたとっかかりは、マドンナ来日コンサート(1987年)。
洋楽なんて、「オレたちひょうきん族」で太平シローのゴンドラに揺られるマドンナぐらいしか知らなかった私でも、日本中が大騒ぎだったので、本物がどんななのかとっても知りたい!と興味津々。

その後、夏の夜のゴールデンタイムに放送された、マドンナ来日コンサートを、そうめんを食べながら家族で見た時の衝撃といったら!!(あまりにも印象深いので、その夜のことはそうめん以外にもよーく覚えてて、開けた窓から見えた空の色とかめっちゃ頭に映像として残ってる)
これが、本物のマドンナ!(ほら、ひょうきんベストテンの太平シローしか知らないから)
世界の歌手っつーのは、こんなにすごいのか~!!
とびっくりしたものでした。歌って踊るといえば、ピンクレディー。でも、ピンクレディーを一緒に踊っていた頃の私は微妙にまだ幼くて(幼稚園以下)、写真はあるけど、あまり覚えていない。

そこからお小遣いでマドンナのカセットを買いあさったのです。それで、当時日曜夜にラジオ放送のあった、American Top 40を毎週聞くようになって、そこで、ジョージのFaithと出会い、そこから、遡ってワム!のレコードまで買って聞き込んでしまったのでした。この辺から英語の成績がどんどんアップ。やっぱり興味ないと勉強ってしないよね。

そして、冬にはジョージマイケルの来日コンサート。中学生だったので、子供だけでは駄目だという父が大阪城ホールに一緒についてきてくれました。

そんなこんなで、私は中学高校とマドンナとジョージマイケルのCDは発売されれば必ず購入。マドンナはエロティカのあたりでちょっと路線変更があり、私は好きになれなかったので、離れた時期もありました。でも、ジョージ・マイケルは近年はお騒がせニュースの方が目立ってて、ファンとしては、そっちよりも才能に目が向けられないことを残念だとは思いつつも、曲も声もすごく好きだったので、今まで全部のCDを持っています。スイスに越してきてからも、一度チューリッヒでコンサートに足を運びました。

いろいろあって大丈夫かな?っていう心配のある人でしたが、こんなに突然亡くなるとは思わなかったのでショックです。

今日は、ベスト版Twenty FiveのDVDを朝からかけて追悼中。悲しいな~。

DVD2枚目、ホイットニー・ヒューストンとのデュエットがかかって愕然。
もう二人ともこの世にいないんだ・・・二人ともすごく歌上手だよね。
Whitney Houston, George Michael - If I Told You That
[PR]
by deutschebaeckerin | 2016-12-29 19:46 | はまりもの | Comments(0)

HIFANA

f0141507_1543257.jpg昨日の夜、独仏共同放送局であるARTEを見ていたダンナが、
「すごい!!夏に日本に行く時、絶対HIFANAのライブ見に行きたい!」
と言うので、
「ハイファナ・・・・?ナンデスカ、ソレハ?」
と二人でネットで調べて、YouTubeでPVをいろいろ見たら、これはイイ!
なぜARTEでやったのかも分かる!
彼らの音楽は絶対、ヨーロッパで受けます!断言できる!
ヨーロッパのMTVでPV流しても、絶対にウケるよ。

数年前からカヴァー曲とか全然イイと思わない曲や、
なんだか訳の分からない成金趣味な番組ばっかり垂れ流してるMTVだけど
(こういうこと言い出したら、オバサンなんだろうか・・・)、
もうHIFANAのPVも流してるんだろうか?
彼らのオフィシャルサイトに、フランスでメジャーデビューが決定って書いてあるので、
そうなのかもしれないデスネ。

でも、ライブパフォーマンスまでは私はいいや・・・年齢的にもうくって。
・・・・って、うちのダンナなんて私より5歳も上だよ。
どうすんだろ?

ちなみに、Wikipediaによるハイファナの紹介。以下引用デス。

「ジャンベ演奏者のママディ・ケイタ、タブラ演奏者のザキールフセインなどの影響を受けた彼らは、ライブではプログラミングやシーケンスをいっさい使用せずに、AKAIのサンプラーMPC2000などを即興的に叩いてビートを刻み、さらにスクラッチやパーカッションなどを乗せていくという独特なスタイルを披露する。またパイオニアのDVJなどの映像機器を活用し、音と映像を同期させるのも特徴。

一方CDやレコードなどで聴ける楽曲ではプログラミングやシーケンスが用いられ、そこでは町の雑踏からアニメキャラクターの声まで、あらゆる種類の音(ネタ)がサンプリングされ、使用されている。 また、HIFANAのアーティスト写真やホームページでも見られる数々のキャラクターのアートワークはソロボンヌ先生(ジューシー)が手掛けている。」

なんだか新しいものが日本から出てくるって嬉しいなぁ。
がんばれ、日本の若者!!
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 15:09 | はまりもの | Comments(0)

アタックちゃーんす!

tokoさん、話ふってくれてありがとうございます。
そうです、木曜日は「鹿男」の日。

先週はリチャードとマドンナがカミングアウトしたところで終わってドキドキ。
リチャードは十分怪しかったので、「やっと認めたな!」という感じでしたが、
マドンナもここまで長かった・・・・結構最初から疑われていたけど、絶対認めなかったし。
アタックちゃーんす!の言うとおり、小川先生は「よくここまでたどり着きましたね」でした。

某所では、重さんも怪しいって噂になってて・・・でも、個人的に重さんは良い人であってほしい。
夏目漱石「坊ちゃん」とかぶってるらしいので、教頭(赤シャツ。ドラマはピンクシャツ)と
美術教師(野だいこ。ドラマは重さん)はつながってる??

ちなみに、私は数日遅れで見てるので、週末まではネタバレしないでくださいね!!!
とか書きつつ、待ちきれずにネット上の感想とか読んじゃうんでしょうけど、私。
原作本は、現在実家で母が読んでいます。
ドラマが終わったら、DVD買っちゃおうかな。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-03-13 02:22 | はまりもの | Comments(9)

夢色クラシック

訳あって2月はず~っと自宅でおとなしくしていなければいけなかったので、
(あ、でも自宅謹慎ではなくて自宅療養です!)
知人友人よりいろんなDVDを借りまくって観ていたのです。
それで、今頃?といわれそうですが、ダンナと日本から来ていた母も一緒に
「のだめ」の連ドラ&SPを観てはまり、ドイツ人のダンナは「ミルヒー語」がうつり、
私は今更ながら、クラシック音楽を聴きまくるようになってしまいました。

千秋先輩に「クラシック音楽の聖地、ヨーロッパへ」なんて言われているのに、
うちのお義父さんは超クラシックオタクなのに、
ベルリン時代の友人たちは音楽家の方々もいらっしゃったのに、
超クラシックオタクの息子であるダンナは、家にいっぱいクラシックCD持ってるのに、
なんだか勿体無いことをしていたなぁ・・・。

黒木くんがオーボエのリードを削ってるシーンに、ベルリンの友人を思い出し、
サロンコンサートのシーンで、お義父さんがよく主催するハウスコンサートを重ねてみて、
ま~ったくクラシック音楽に興味のなかった私・・・反省です。
幸い、ダンナが持ってるCDコレクションにドラマでかかってた曲がいっぱいあるので、
とりあえずそれらをiPodに落として、通勤しながら、家事しながら聴いています。

f0141507_23311872.jpg
さて、今月の末にはまたお義父さん主催のハウスコンサートがあります。
カールスルーエの音大の学生さん達を呼んでおうちで演奏会なのです。
が!お義父さんほどオタクの人になると、マイナーな作曲家ばかりあえて選ぶんですよ。
有名どころはCDでも聴けるし、コンサートに行けば聴ける!ということらしいです(涙)。

ちなみに、こんなプログラム・・・
Skrjabin: Solostücke für Klavier
Lebic: 'Aus Nähe und Ferne' für Blockflöten
Zuraj: 'Tango' für Geige und Klavier
Alwyn: 'Seascapes' für Sopran, Geige und Klavier
Zuraj: 'Drei Lieder' für Sopran und Klavier
Enescu: 'Sonate Nr. 3' für Geige und Klavier
ジョルジェ・エネスクのみ、YouTubeでみつけて聴きましたが・・・微妙です。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-03-09 23:40 | はまりもの | Comments(12)

鹿男あをによし

f0141507_3385724.jpg
すっごく久しぶりに歴史の教科書、しかも日本史の教科書を読み返してみました。
邪馬台国のあたりとペリー来航のあたり。
「鹿男あをによし」と「篤姫」のせいです。

鹿男、面白すぎますね。
独特の雰囲気とテンポ、携帯電話をかけてるようなシーンも全然出てこないし、
地味な服装といい、いつの時代?なんて思うのですが、「2007年の神無月」のお話。
奈良も好きだし、大阪のお好み焼き屋「冨紗家」がでてきたりして、おぉ!と嬉しかったり、
変な主題歌が入らないのもいいですね。
なにより、キャストも最高にいい!

あと2回で終わっちゃうなんて、残念!
観てない方、ほんと~に勿体無いと思います。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-03-09 03:39 | はまりもの | Comments(8)