007

f0141507_427385.jpgこのブログでも紹介したオーストリアはブレゲンツの湖上オペラ。
去年の夏、お義父さんのお誕生日にチケットをプレゼントしたので、
ダンナと義父母と一緒に観劇したのが、プッチーニの「トスカ」でした。

次のボンド作品 "Quantum of Solace" の舞台の一つがブレゲンツで、
私たちが観た湖上オペラの「トスカ」も映画に出てくるらしいんデス。
結構ドラマチックで、スタントの人が高いところから湖に落ちたりなどドッキリする演出のあるオペラですし、
それにこの目の舞台装置。007のシーンに使えそうですよ、ほんと。

いろいろ事故があったというガルダ湖の撮影といい、ボーデン湖畔のブレゲンツといい、
なんだか次の舞台は近所が多いのは、次回作品の監督をするのがスイス人っていうのもあるのでしょうね。

007作品は1996年のお正月にダンナと一緒に「ゴールデンアイ」をウィーンで観たのが最初で、
それからずーっと映画館で観ていたのですが、新しいボンドが苦手で・・・次も観るかは未定デス。
私の中のイメージは、ピアーズ・ブロスナンなので、今の方はどうもイメージと合わないし、
アクションというか暴力っぽいのが多いのも嫌だし、魅力のないヒロインもちょっと・・・って感じでした。
なんていうの、女性から見てちっとも魅力を感じないヒロイン・・・
めそめそしちゃって、お金に媚びる銀行員みたいな。
お金に媚びるのはいいんです、媚びるなら思いっきりいってクダサイ!
峰不二子ちゃんとかドロンジョ様みたいに。
そんなめそめそ女に惚れるマッチョなボンド・・・もーやめてくれ~!!って感じデシタ。
というわけで、次回を観るかはまだ未定デス。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-05-01 04:27 | スイスの生活 | Comments(4)
Commented by toko at 2008-05-01 10:33 x
またみてもこの舞台装置やっぱり迫力ありますね・・・
007並というのがすごすぎます。007好きの同居人もこれはすごく満足しそうです。このあいだドイツ語会話でスイス人の監督作品”マルタのやさしい刺繍”(Die Herbstzeitlosen)が紹介されていました。おもしろそうでした。ヨーロッパに保守的なイメージがあまりなかったのですがみちえさんのブログでスイスは保守的な感じがしていたので機会があれば見たいと思っています。
Commented by deutschebaeckerin at 2008-05-05 03:27
どんな映画になるのでしょうね!この監督の作品はStranger Than Fictionというのを飛行機の中で見ましたが、淡々とした作品で、きっと監督はアメリカ人じゃないだろうな~と思ったくらいでしたけど。tokoさんのご主人様の今のボンドに対する評価はいかがなものでしょう??私は、今のボンド、男性にはウケるのかな?とは思っています。
Commented by toko at 2008-05-11 10:19 x
うちはまだ今のボンドの作品は見ていないそうです。・・・好きなのを繰り返し見てるという感じですね。好きであとで集めるくせに、最新にはうといです。見たら報告します。
Commented by deutschebaeckerin at 2008-05-12 04:50
なんか分かります~。好きだからこそ、新しいボンド見るのが怖いってあるかもしれないです。ご主人さまに無理に見せようとなさらないでくださいね!!


<< トルテ 玄米 >>