世界記録に挑戦

さきほど、ツークの隣町カームの広場で、ギネスに挑戦!というのを見て食べて来ました!
それは、これ。
何か分かりますか?
普通は、生地60g+フィリング60gでやるので、一個120gぐらいのものなんですよ。
f0141507_18331829.jpg




f0141507_18342726.jpg答えはこれ。
マンデル・ギップフェリ、つまりアーモンドペースト入りの甘いパンです。

f0141507_18522643.jpg今日できた世界記録は、52mで210キロ。
作ったのは、ヌスバウマーさんというツークに支店を沢山持っているパン屋さん。
カームのマンデルホーフという建物の築10年を祝う町をあげてのお祝いに
世界一長いマンデルギップフェリを焼いたというわけです。
もちろん52mもの生地がオーブンに入るわけがありませんので、
天板の長さに焼いてから、くっつけてあります。

f0141507_18564987.jpg

町長さんやパン屋さんのシェフの挨拶のあと、ギップフェリにナイフが入れられて、見学者に振舞われました。
私とダンナも1個ずつもらったのですが、大きい~~・・・・完食しましたが。
美味しかったデス。
さ、これからプールで泳いで食べたカロリーを消費せねば!
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 18:58 | お菓子 | Comments(4)
Commented by tom at 2008-04-27 02:14 x
いやーこれはすごい。 そういうことをする人がいるのですね!! でも町中が盛り上がった??? 一体何日かけて焼いたのでしょう????

お尋ねしたいのですが、みちえさんのhpのほうに紹介されていた国立製パン学校の英語の基礎コースというのは、 パン職人さん用でしょうか? 普通の人(私!?) でも参加できるものなのでしょうか???  
Commented by deutschebaeckerin at 2008-04-27 14:58
1人の職人の労働時間だと4日分だそうなので、4人で作れば1日で出来ちゃうってことで(私もそうだと思います。100キロぐらいの生地なら余裕で毎日扱ってますし。)、前日にでもうまく調整したら残業なり人を増やすなりして作れると思いますよ。

英語のドイツパンコースですが、これは一応パン職人として働いている人向けだと思います。が、先生に聞いてみますよ。tomさんが行きたいのですか?tomさんなら英語もドイツ語もできるし、いいのかも。パンもプロでなく、言葉もちょっとあやふや・・・だと足を引っ張るだけだから駄目な気がしますけど。
Commented by tom at 2008-04-27 16:37 x
そうかあ、 あれだけの生地を一人で4日間でできるのですか。 さすがプロだ! (*0*)   
そうです、 私が行ってみたいな? と思ったのです。 前にリッチモンドでウィークエンドコースでザワータイヒの特集がありましたが、 やっぱりプロのパン屋さん向けで躊躇しました。  それに、宿泊費などを含めてあの値段は安いとおもって。 でも、白い装束??? とか必要なのでしょうね。   
それから、昨日あの玄米をいただきました。 おいしーーーー!!  こちらで買えるのとは大きな違い。 もちもちしていて、 涙が出ました。 ありがとうございました。
Commented by deutschebaeckerin at 2008-04-27 18:34
tomさん、生地は機械がこねてくれますから!(笑)
材料を入れたらスイッチオンです!1~2バッチで終わりデスヨ!
アーモンドペーストももう市販のを使ってます(昨日も会場でバケツを見ました)。
だから、数人で協力してやれば結構すぐに出来ますよ。
リシュモンは高いですからねぇ~~。しかもスイス人がサワー種に詳しいわけないです。
スイスの学校でサワー種を習うなんてお勧めしまセン!
ヴァインハイムは本当にお勧めですよ~。
服ですか?T-shirtsにスボン、エプロンでいいと思いますけど。
たぶんあの学校だったら、帽子はプレゼントでくれますよ、学校のロゴ入り。
玄米おいしいでしょ~。私はいつも2合炊いて、おにぎりにしてストックしてます。先週は毎日職場の昼食用にももってって、おかずは野菜だけ食べてました。先々週は食べすぎて反省しましたので。だから「賄い日記」もやめたんデス(笑)。


<< Oekihof HIFANA >>