HIFANA

f0141507_1543257.jpg昨日の夜、独仏共同放送局であるARTEを見ていたダンナが、
「すごい!!夏に日本に行く時、絶対HIFANAのライブ見に行きたい!」
と言うので、
「ハイファナ・・・・?ナンデスカ、ソレハ?」
と二人でネットで調べて、YouTubeでPVをいろいろ見たら、これはイイ!
なぜARTEでやったのかも分かる!
彼らの音楽は絶対、ヨーロッパで受けます!断言できる!
ヨーロッパのMTVでPV流しても、絶対にウケるよ。

数年前からカヴァー曲とか全然イイと思わない曲や、
なんだか訳の分からない成金趣味な番組ばっかり垂れ流してるMTVだけど
(こういうこと言い出したら、オバサンなんだろうか・・・)、
もうHIFANAのPVも流してるんだろうか?
彼らのオフィシャルサイトに、フランスでメジャーデビューが決定って書いてあるので、
そうなのかもしれないデスネ。

でも、ライブパフォーマンスまでは私はいいや・・・年齢的にもうくって。
・・・・って、うちのダンナなんて私より5歳も上だよ。
どうすんだろ?

ちなみに、Wikipediaによるハイファナの紹介。以下引用デス。

「ジャンベ演奏者のママディ・ケイタ、タブラ演奏者のザキールフセインなどの影響を受けた彼らは、ライブではプログラミングやシーケンスをいっさい使用せずに、AKAIのサンプラーMPC2000などを即興的に叩いてビートを刻み、さらにスクラッチやパーカッションなどを乗せていくという独特なスタイルを披露する。またパイオニアのDVJなどの映像機器を活用し、音と映像を同期させるのも特徴。

一方CDやレコードなどで聴ける楽曲ではプログラミングやシーケンスが用いられ、そこでは町の雑踏からアニメキャラクターの声まで、あらゆる種類の音(ネタ)がサンプリングされ、使用されている。 また、HIFANAのアーティスト写真やホームページでも見られる数々のキャラクターのアートワークはソロボンヌ先生(ジューシー)が手掛けている。」

なんだか新しいものが日本から出てくるって嬉しいなぁ。
がんばれ、日本の若者!!
[PR]
by deutschebaeckerin | 2008-04-26 15:09 | はまりもの | Comments(0)


<< 世界記録に挑戦 今日も焼いちゃった >>