リンツの工場直売チョコ

f0141507_2323735.jpg今月は3回もチューリッヒ郊外キルヒベルクのリンツ工場へ行っちゃいました。
一回目は、とりあえず下見に。
20名の生徒達をどうやって連れて行くかが問題でしたもん。
やっぱりスイスらしいお土産ということで、皆さんチョコレートが買いたいそうですし、リンツなら誰に渡しても間違いがないですからね。
とりあえず下見の時にはBürkliplatzから165番のバスに乗ってみたのですが、12分とは言え混んでいる・・・これは他のお客さんの邪魔になるなぁ~ということで却下。

結局当日はBürkliplatzからみんなで船に乗ってKilchbergで降り歩くことに。それが意外と近くて10分も歩かないで着いたのでホッとしました。ちなみに、チューリッヒ市内ゾーン10だけだとリンツ工場へはいけませんが、ゾーン50とあわせて買えばいいだけで、船もトラムもバスも乗り放題です。工場見学はできまえんが、やっぱり安いです。本来なら箱入りになってるプラリネが300gずつ袋詰めになったものが、3,90フラン。これ、同じ量を箱入りで買ったら15フランぐらいします。他にも特価品などあって、超便利。

ここには先週も友人をのせて、私の怪しい運転でもまた行きました。スイスって何でも高いですが、リンツチョコの工場販売だけは、地元ならではでお買い得です。お薦めしま~す。
ただし、日本の夏は激暑らしいので、日本で溶けても知りませ~ん。

Lindt Shop
Seestrasse 204
8802 Kilchberg

10.00 - 17.00時 月~木
10.00 - 16.00時 金曜日
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-08-29 23:24 | モノ・商品 | Comments(2)
Commented by toko at 2007-08-30 08:14 x
ケルンでもリンツのチョコレートミュージアムは大人気のようでした(混んではないが、ひっきりなしに人が来る感じでした)。一ライン(トリュフ)しか動いていなくて、1個50セントでしょうか。あとはカフェと、お土産ショップがくっついています。ドムからかわいい機関車風の列車が出ていて、いい観光コースになっているみたいです。理由はわかりませんが、ドイツ人からもらうチョコレートにリンツの割合は高いです。でも文句なしにおいしいです。生徒たちはかなり喜んでいると思います。また、日本にかえってからも喜ばれるし、余韻に浸れるんだろうなぁ。
Commented by deutschebaeckerin at 2007-08-30 14:36
アーヘンの方にもリンツの工場があって、そっちでも安くで買えるそうですよ。
前にドイツから来た友人に「工場チョコ買いに行きたい?」と聞いたら、「家の近くにもリンツ工場があって買える」ってことでした。だから、tokoさんがまたあの辺りへ行かれることがあれば、工場まで足を伸ばせるかも。
リンツはまぁ、ブランドってことで誰にあげても間違いがないからいいんだと思います。生徒の中には「生チョコ」が買いたかったって方もいましたが、あれはお土産にはできませんからねぇ。空港で買って日本についてすぐに誰かに渡すならいいですけど。
リンツなどにチョコの原料をおろしてる会社がツークの近くにあるので、今度はそっちを見に行ってみたいと思います。


<< Projekt Backhaus 来客ラッシュ >>