ブラックベリー摘み

f0141507_22364079.jpgウォーキングの時にブラックベリー(Brombeerenブロムベーレン)がいっぱいなっているところを発見したので、午後にタッパーを持って出かけて沢山摘んできました。1,5キロほど摘んだのでジャムを作ろうと思います。

ブラックベリーって、整備されてないような荒れたところに生えてることが多いので、最近はどんどんツークでも見かけなくなってるんですよね。5年前に引っ越してきたばかりの時は、ダンナの会社の裏で山ほどとったのですが、今はそこにS-Bahnの駅ができてしまいましたし、うちのマンションの裏の雑木林も隣にマンションが建ったのを機に整備してしまったので、ブラックベリーはなくなってしまいました。でも、代わりに雑木林のサクランボやミラベルが大きな実をつけるようになったので、もう少ししたらこのミラベルでもジャムが作れそうです。サクランボは鳥やカラスがどんどん食べてしまうのですが、ミラベルは酸っぱいからか全然取られてる様子がありません。熟してきたら違うのかな?鳥との争奪戦です。

ところで、こういう野生のブラックベリーは生食はちょっと止めておいた方が良いのです。というのは、エキノコックスという、寄生虫の卵がついている可能性があるからです。キツネの糞に混じったエキノコックスの卵をヒトが経口感染すると、肝臓に寄生して致死的な肝機能障害を引き起こします。昔はそれほど煩く言われなかったそうなのですが、近年ドイツでもスイスでも狐が増えているので、特に注意した方が良いのです。摘みながら生でつまみ食いをしたい時には、なるべく高いところにある実を食べてくださいね。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2007-07-19 22:40 | スイスの生活 | Comments(10)
Commented by toko at 2007-07-20 13:50 x
採りたてのベリージャムを作れるのは素晴らしいですね。もう裏の雑木林のベリーがなくなってしまっただなんて信じられないです。ブラックベリージャムはみちえさんのところで食べたのが、最初で最後です・・・。初めてフランボワーズのつみたてを食べた時、冷凍とも、スーパーの生とも違っておいしくてびっくりしました。(どれもそうだとは思いますが、これは冷凍を主に食べていたので本当にびっくりしました。)ブラックベリーもきっとそうだと思って、写真からのベリーの実のはいりかたとみずみずしさがすごく伝わってきます。話は変わりますが、ドイツのカフェで、ツップフクーヘンを食べたのですが、すごくインスタントのプリンの味がしたのですが、みちえさんのレシピで、作ってみると、フレッシュのチーズケーキの味わいがしておいしかったです。レシピ重宝しています。ありがとうございます。
Commented by toko at 2007-07-20 14:00 x
ツップフクーヘンのレシピの質問です。ここで質問をしていいのか悩んだのですが、投げてみてみちえさんの判断にお願いすることにします。プリンの素(Puddingpulver)なんですが、Dr. Oetkerの商品でpuddingとGarantがあり、以前ドイツ人の知り合いにPuddingpulverを頼んだら、後者のGarantを買ってきてくれて、今回自分がスーパーに行ったらpuddingというのがあったので、みちえさんのいうのは”pudding”という商品のほうでしょうか。
Commented by deutschebaeckerin at 2007-07-20 15:41
tokoさん、そうなのーあの雑木林のブラックベリーなくなっちゃったんですよ。隣にマンションも建ってしまってすっかり茂みが減りました。
あの裏のベリーでダンナがジャム作って下手な日本語でレポートしたことありましたよね~。
ところで、Dr.Oetkerのですけど、Puddingです。Garantっていうのは使ったことないです。カフェのツップフクーヘンってプレミックスの粉を使ってるんじゃないかな。Dr.Oetkerでも簡単お手軽な混ぜるだけみたいなの出してますし。
Commented by toko at 2007-07-20 17:51 x
レスありがとうございます。プリンの素の件解決いたしました!
みちえさんのレシピ、日本人よりドイツ人の方の反応がすごくて
感謝してます。披露した人にかならず強烈な印象を持たれて、
話題にあがったりもしました。その縁で他のレシピをもらったり、
いろいろ話も広がっていろんな意味で助かっています。ありがとうございました。
Commented by deutschebaeckerin at 2007-07-20 20:24
tokoさん、ドイツでツップフクーヘン焼いたの?すごいね~。そうそう、そうやって彼らも好きなものを作ると話がはずみますよね。上には型抜きクッキー生地ですか?それともちぎっただけ?型抜きするやり方は、かなり珍しいので可愛いし話題になりますよね。私まで嬉しくなるお話をありがとうございます!他にも体験談いろいろあったら教えてくださいね~。
Commented by toko at 2007-07-21 08:26 x
残念ながら、手作りツップフクーヘンは日本人にしか披露したことがありません。(型抜きクッキー案は日本人に受けがすごくいいです。)話が飛んでしまってすみません。ドイツの方にはみちえさんレシピではクッキー各種、ヘクセンハウス、赤ワインケーキです。特に三日月クッキーが100%ほめられ&驚かれ&レシピの出所を聞かれます。見て驚いて、食べて驚くみたいで、みちえさんがクッキーひとつのグラム表記をしていただけたおかげ(不安なので1個1個量っています。)で、一つ一つの形は結構差があるんですが、全体で見ると、すごく揃った印象があるようです。知り合いの一人は何でも作れると思ってしまったのか、私がいいなあというと今では完成品の写真と材料だけ、または料理名だけ教えてくれます。
Commented by Cross at 2007-07-21 16:34 x
みちえさん、こんにちは。
ブラックベリーの写真につられて出てまいりました(笑)
うちもちらほらとなり始めて、先日今年初のジャム作りをしました。
酸味が効いているのがいい、ということで、なかなか人気です。
もう1回くらい作れるかな、と楽しみにしています。
Commented by tom at 2007-07-22 02:30 x
ツオップフクーヘンの話題が出たので! 私は、 誰かがお誕生日のときに、ココア生地のツオップフクーヘンを焼いて、〔しかも中にキルシューお酒ではなく、果物ーなぞ入れてしまいました)上に、ハッピーバースデイと、名前、ハート型などをナイフで生地を切って作り飾って、 ついでに彩りにお花を添えてあげたら、ドイツ人、スイス人、日本人、アルゼンチン人?その他大勢に大人気でした。   今日まで、ドイツ人と結婚したアメリカ人の友人が来ていたのですが、2年前のクリスマス前に彼女のところにいって、いくつかみちえさんレシピのシュトレンを焼いてあげたら、彼女はすっかりはまり、 それを彼女の友人のドイツ人にプレゼントしたら、 その人は、こんなにおいしいシュトレンを食べたことがないといって、レシピをほしがったそうです。 私は、みちえさんレシピを英語にして、アメリカ人の友人にあげ、友人はさらにそれをドイツ語にしてその友達に上げたとか。 みちえさんレシピは、 みちえさんの知らないところで、世に出回っているのかもしれません。 
 友人の分もも含めて、 ’ありがとう!!!’
Commented by deutschebaeckerin at 2007-07-22 04:17
tokoさん、ヴァニレキップフェル美味しいですよね~。そうなの、形が揃ってるって言われますけど、大体同じように作っていたら同じ重さになりますよね?tokoさんは一個一個計ってるそうですが、だいたい合ってるでしょ??私はたまーにずれてきてると困るので計る程度です。ヘクセンハウスは、でも食べるにはイマイチですよね。あれ、クッキー生地でも作れるんです。今年はそれをレシピにのせますね~!(なんて約束しちゃって大丈夫かしら、私)

Crossさん、私もジャムを昨日作りましたよ~。ホント、酸味がきいてて美味しいですね。摘んできたフルーツだと、砂糖代と光熱費だけで沢山できちゃって嬉しいです!前にダンナが作り方を書いた時に、Crossさんでしたかどなたかが「意外にブラックベリージャムの作り方ってネットにない」と書かれていたと思うのですが、今回もざっと見てみましたが、本当にあまりないんですね。種入りのジャムは好きじゃないので、私は今回も圧力鍋とザルを使う方法ですが、これもレシピ集に加えたいと思っていまーす。
Commented by deutschebaeckerin at 2007-07-22 04:23
tomさん、こちらこそ、なんだかすっごく嬉しいお話をありがとうございます!!ツップフクーヘンで素敵なお誕生日のメッセージを書かれたんんですねー。シュトレンのお話も嬉しい~。いろんなところで大事に作っていただいているなんて、感激です。私のシュトレン、でも素朴なイースト菓子って感じなんですよね。高級品って感じのはすっごい砂糖と油脂たっぷりって感じじゃないですか。手前味噌で恐縮ですが、私もこの素朴なのが実は一番好きだったりします。マイスター学校の現校長がシュトレン・オスカー(どのシュトレンが一番かというコンテスト)で歴代一番優勝経験の多い人なのですが、今年はそれをくれるそうなので食べてみて美味しかったらブログかどこかで紹介してみようかと思っています。楽しみです。


<< 5年ものの・・・ Wildspitz(ヴィルトシ... >>