バルコニーの床の板貼り

夫がバルコニーの一部の床を新しくしました!
作業してる様子を、短い面白い動画に編集したので見てください!
Terassassa

このバルコニー用の板材、Alferという製品で、
もともとはフィリピンの会社が米の籾殻を粉にして接着剤などを練りこんで、
それをエクストルーダーで出して作るっていうものらしいのです。

うちのバルコニーにはクリップ式ではめていく正方形のスノコみたいなのも敷きつめて
あるんですが、表面をラック塗りしても、雨や冬の寒さや雪ですぐに痛んでしまってました。
このAlferの材木もどきは、耐久年数20年なんだって。

こんな話を、先日ドイツに行った時に世間話してた人が、たまたまAlferの技術を買ったドイツの会社の社長さんで(その会社は本業は全く別。面白い技術だから最近こんなん買ったんだよ~って教えてくれた)、夫に言ったら、興味津々。ドイツよりいち早くスイスで販売してるとわかり、さっそく買ってつけてしまいました~。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-06-05 18:09 | スイスの生活 | Comments(4)
Commented by 11月のキロ at 2017-08-05 12:40 x
軽快なBGMとともに素敵なウッドテラスができて良く様は とっても楽しい!
Commented by deutschebaeckerin at 2017-08-05 14:56
お久しぶりでーす。見てくださってありがとうございまーす。
今日は天気もよく、日本人のお友達10名でテラスで持ち寄り歓談会の予定。楽しみです。
Commented by 11月のキロ at 2017-08-05 22:04 x
お久しぶりです。 今日(8/5)は、台風5号が九州・屋久島あたりをゆっくり移動中ですが こちら阪神エリアはまだその影響もなく 大阪・淀川大花火大会と神戸・みなとこうべ海上花火大会が開催されました。 双方とも会場はすんごい人出なので、自宅マンションの蒸し暑いベランダからチラッと見ただけ。みちえさんのところのような素敵なバルコニーだったら、ビール片手に花火を楽しめたかも。でも実はウチのベランダからは神戸の花火は丁度47階建170mの「御影タワーレジデンス」というマンションが邪魔していて半分しか見えないんですョ。あれが建つまでは良く見えてたのに… また、東の方を見ると淀川の花火がかろうじて見えました。
Commented by deutschebaeckerin at 2017-09-30 21:53
キロさん、すっかり遅くなってしまってすみません。花火よかったですねー。ああ~、過去に見えていたものがマンションのせいで見えなくなるって残念ですよねー。わかります。。。。うちの向かいの人たち(山側)も思ってるんだろうなー。。。。


<< 夏休み2018年、一週目 もう雇われるのは限界!独立を決心。 >>