「ほっ」と。キャンペーン

ドイツの製パンマイスター試験 3-4部

今回は、前回の続きでドイツのマイスター試験の第3部と第4部についてお伝えします。

第3部は経理経営です。この科目の試験勉強で一番時間が費やされたのは、複式簿記でした。試験では20枚の請求書が渡され、これを借方・貸方に仕分けします。半年間何度も練習させられたので、勘定項目の名称というよりコード番号を覚えてしまっていたほどです。そして、120分の簿記の試験の最後には、貸借対照表と損益計算書を作成します。

簿記というと、日本語の場合、最初に「貸方・借方」という分かりにくい表現が入ってきて苦手意識がついてしまうかもしれませんが、ドイツ語だと意味的には、「払う義務がある」「もらう」というような言葉が使われるため、すごくわかりやすく、マイスター準備コースで練習すれば、パン屋を経営するにあたって必要な簿記は十分できるようになると思います。

次は経営や取引に関する基礎知識や法律の試験が100分。準備コースではもちろん、手工業のマイスターという称号が持つ権利や義務についての勉強から始まりました。2004年の手工業法の大幅改定により、それまで開業のためにマイスターの資格が必要だった業種が94業種から41業種へと半分以下に減らされました。パン、お菓子、食肉加工、散髪は残りましたが、意外なところで時計職人、靴職人はマイスターの資格なしで開業が可能になりました。マイスター制度による保護がなくなって競争が激しくなるのを良いと考える人もいるでしょうが、私はパン職人が残ったことでホッとしています。それは、私自身が、長い歴史の中で培われた制度の恩恵を受けて、師匠(マイスター)と職業訓練校に守られながら気持ちよくいろんなことを総合的に勉強をさせてもらったからです。競争激化が世知辛い就労環境を招くのではないかと心配です。

次は税法に関する試験が100分あります。法人税、所得税、付加価値税をどう計算し、どう支払うのか、従業員の社会保険料をどこへ支払うのか、または従業員の家族構成などを踏まえて給料計算をします。

第三部、第四部とも、試験に際して暗記が要求されることも多いですが、基本的な考え方としては、一度勉強しておけばそれで良し。必要な時に教科書やノートを開いて該当箇所をみつけられれば良いというものです。また、開業する場合はたいていドイツのパン組合に入ることになりますから、困った時には本部や地区の組合に連絡すればアドバイスを仰いだり、専門家を紹介してもらったりできます。

さて最後の第四部は教育論です。マイスターになると、修行弟子を取って、彼らに技術を教える資格が与えられます。職人修行を始める彼らの年齢は一番若い子で15歳から。体は大きくても精神的にはまだまだ未熟です。マイスターは技術を教えるだけでなく、彼らの精神面を理解し、一人前の職人になるまでバックアップしなければいけません。

最初にドイツの教育制度と職業訓練に関連した法律について60分の筆記試験があり、次に若者の精神面を理解して取り組む筆記試験が60分、最後に職業訓練内容のカリキュラムに関する試験が60分あります。その他に、実技として教育論に関連したプレゼンテーションをするか、近所の学生に弟子役をやってもらって、パンの成形などを教える試験もあります。
ドイツでは初等教育は4年で終わってしまいます。そして、中等教育をどこで受けるかによって、つまり満10歳ですでに将来の進路が大まかに決まってしまいます。大学入学資格を取得するためのギムナジウムという進学校へ進むのが全体の30%ぐらい、残りは専門上級学校や中級技術者を目指す者の多い6年制の実科学校、そして偏差値でいうと一番低い基幹学校への進学となります。
職業訓練を受けるのは、基幹学校卒業者が一番多いです。

ある程度の年齢になれば、自分の体力や能力を客観的に見て、限界を知ったり一日のスケジュールを立てたりもできますが、特に夜中から仕事を始めるパン業界では、まだまだ成長期にある若い子達の集中力や体力がどの時間帯に下がるのかを知って、最低12時間は終業から始業まで間隔をあけなければならないなど、事故を予防して心身ともに健全に職人への道を導いてあげなければなりません。
また、若い子たちにとって仲間や友達はとても大きな意味を持っていて、時には仲間意識や団結が修行の妨げになることもあります。私の周りでも友達との遊びを優先させて修行を途中で辞めてしまった若者が2名いました。基幹学校を出て職業訓練を最後までやり遂げていないと将来仕事がみつけられず大変困ります。

また、「最近の若者は」と日本でもいつの時代でも言われるように、世代間衝突を避け、また評価者として陥りやすい間違い、つまり、厳格化・寛大化・先入観の持ちすぎ・または他の弟子や自分自身と比較することなど、を知ることも重要です。

パンの修行は3年間ですべての作業ができるようになるように、カリキュラムが大体の目安で提案されており、お店ではカバーできないカリキュラムが出ないように、マイスターは組合の学校での集中授業に費用を負担して弟子を参加させる義務があります。

第4部は苦手だという生徒がほとんどでしたが、私は日本で働いていた時に経理と人事をやっていたので、授業もとても面白く勉強になり、また試験も楽しく取り組むことができました。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2017-02-01 23:58 | パン | Comments(0)


<< 感情を殺さない また雪が降りました >>