【追悼】ジョージ・マイケル

f0141507_19431876.jpg昨夜、ドイツの義父母宅から戻りました。
前回のクリスマスの記事を書いたあとに、ジョージが亡くなったという速報を読み、信じられないままドイツへ出発。道中、ラジオで流れる曲はジョージ・マイケルの曲ばかり。80年代に10代を過ごした人なら好き嫌いに関わらず、また洋楽に当時興味がなかったとしても、ワム!の曲を耳にしたことのなかった人はいないでしょう。

私は洋楽を聴き始めたとっかかりは、マドンナ来日コンサート(1987年)。
洋楽なんて、「オレたちひょうきん族」で太平シローのゴンドラに揺られるマドンナぐらいしか知らなかった私でも、日本中が大騒ぎだったので、本物がどんななのかとっても知りたい!と興味津々。

その後、夏の夜のゴールデンタイムに放送された、マドンナ来日コンサートを、そうめんを食べながら家族で見た時の衝撃といったら!!(あまりにも印象深いので、その夜のことはそうめん以外にもよーく覚えてて、開けた窓から見えた空の色とかめっちゃ頭に映像として残ってる)
これが、本物のマドンナ!(ほら、ひょうきんベストテンの太平シローしか知らないから)
世界の歌手っつーのは、こんなにすごいのか~!!
とびっくりしたものでした。歌って踊るといえば、ピンクレディー。でも、ピンクレディーを一緒に踊っていた頃の私は微妙にまだ幼くて(幼稚園以下)、写真はあるけど、あまり覚えていない。

そこからお小遣いでマドンナのカセットを買いあさったのです。それで、当時日曜夜にラジオ放送のあった、American Top 40を毎週聞くようになって、そこで、ジョージのFaithと出会い、そこから、遡ってワム!のレコードまで買って聞き込んでしまったのでした。この辺から英語の成績がどんどんアップ。やっぱり興味ないと勉強ってしないよね。

そして、冬にはジョージマイケルの来日コンサート。中学生だったので、子供だけでは駄目だという父が大阪城ホールに一緒についてきてくれました。

そんなこんなで、私は中学高校とマドンナとジョージマイケルのCDは発売されれば必ず購入。マドンナはエロティカのあたりでちょっと路線変更があり、私は好きになれなかったので、離れた時期もありました。でも、ジョージ・マイケルは近年はお騒がせニュースの方が目立ってて、ファンとしては、そっちよりも才能に目が向けられないことを残念だとは思いつつも、曲も声もすごく好きだったので、今まで全部のCDを持っています。スイスに越してきてからも、一度チューリッヒでコンサートに足を運びました。

いろいろあって大丈夫かな?っていう心配のある人でしたが、こんなに突然亡くなるとは思わなかったのでショックです。

今日は、ベスト版Twenty FiveのDVDを朝からかけて追悼中。悲しいな~。

DVD2枚目、ホイットニー・ヒューストンとのデュエットがかかって愕然。
もう二人ともこの世にいないんだ・・・二人ともすごく歌上手だよね。
Whitney Houston, George Michael - If I Told You That
[PR]
by deutschebaeckerin | 2016-12-29 19:46 | はまりもの | Comments(0)


<< どんぐり倶楽部ってなんですか? クリスマス2016 >>