夫婦二人で乗り切れるかな

マダガスカル2は面白かったですよ、CGアニメってどんどん技術が進歩してるんですね。それにしても映画館は子供だらけでした。でも、内容は特に子供用というわけではないですし、なにより言葉が早いし、普段スイスドイツ語を喋ってるスイスの子はハンディキャップがあると思うので、どうでしょう、面白かったのかな?と疑問に思いました。ドタバタ系の、映像で見て笑える部分では子供たちはよく反応していたけど、言葉で笑わせるところは結構シーンとしてましたから。

それにしても、映画館の高いお菓子を買ってもらってそれを片手に観てる子の多いこと。かなりびっくりしました。私が子供の頃に観た映画といえば、ドラえもんとか南極物語とか?でも、映画館でお菓子やジュースを買ってもらうことはなかったですし、周りも誰も食べてなかったので欲しいとも思わなかったですけど。ダンナの子供時代も同じだそうです。

スイスの映画館って上映途中でイキナリ5~10分程度の休憩が入るので、私もバッグにチョコレートと飴は忍ばせていましたが、休憩がお菓子を買ってもらえる子を増やしてる要因でしょうか、それとも日本でもドイツでも同じように今の子はお菓子買ってもらってるんでしょうか。興味あります。

f0141507_22555677.jpg昨日のひじきはこんな感じで小分けにして凍らせてジップロックに入れかえて冷凍保存しました~。今日はミニハンバーグ、ミートソース、玄米おにぎりを作って冷凍。ミートソースはどちらかというとダンナ用ですが。この自家製冷凍食品は、病院食(スイス飯なので)に飽きた時にお弁当箱にいろいろ詰めて持ってきてもらうために準備しているのと、育児経験者の皆さんに「生まれたらご飯作る時間もない」と口を揃えて言われるので、食べたいものを自分で準備しているという感じです。

日本の母が手伝いに来たがっていたのですが、家族が増えて一番その変化に対応するのに大変な時に、更にもう一人意見をする人に来てもらいたくない(絶対喧嘩になる)と思ったので、家族のペースができた頃にスイスに来てもらうことにしました。さて、どうでしょう、「すごく大変。来てもらえば良かった(涙)」と後悔することになるかもしれませんが。でもま、日本にもいろんなサービスがありますけど、ここもお金を払えばスーパーの宅配サービスもありますし、家事のお手伝いをしてくれるヘルパーさんに来てもらうこともできますし、あまり心配はしていません。
[PR]
by deutschebaeckerin | 2009-01-03 23:14 | スイスの生活


<< 食事制限 初プール >>